まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ホウチャクソウ

ホウチャクソウ 全景・葉
ユリ科
チゴユリ属
Disporum sessile D.Don ex J.A. et J.H.Schult.

花は長さ3cmから3.5cm程度、草丈は30cmから40cm程度。
葉は互生し、幅2.5cmから3cm程度、長さ10cmから12cm程度。
葉腋から枝や花柄が伸びる。
ナルコユリやアマドコロなど、ナルコユリ属のものに似たように見えるものがあるが、花の形態を見ればすぐにホウチャクソウとわかる。花被片が独立して6枚で閉じている。アマドコロやナルコユリは合着して先端のみが割けている。また、茎の性状も異なり、ところどころで茎が二分していく。アマドコロやナルコユリでは茎は1本で長くなり弓状になり数個ずつの花を葉腋毎にいくつも連ねるので、変なブラシの様。

こちら周辺では道路脇のちょっとした林縁等にも見られる。チゴユリはもっと自然度の高い明るめの林縁等で見られ、そういった場所では両方とも見られる。(両者の雑種と考えられているホウチャクチゴユリというものもあるが、周辺では確認できない。)

全景の様子

ホウチャクソウ 全景

開花前から開花後間もない個体

ホウチャクソウ 蕾 ホウチャクソウ 蕾 ホウチャクソウ 蕾 開花前のつまった状態は面白い。
三枚目の状態だと、ぱっと見ではギンランのようにも見えなくはない。…。

ホウチャクソウ 開花

花の拡大

ホウチャクソウ 花 ホウチャクソウ 花 花は1花序につき2から4程度のようだがほとんどが2。
花被片が独立しているのが見て取れる。花被片の先端側1/2から2/3程度は白緑。
横から見ると時期によりオシベの葯だったりメシベの柱頭だったりが少しだけ覗いて見える。

花後?果実へ

ホウチャクソウ 花後 ホウチャクソウ 果実 花被片とともにオシベが取れ落ちた後。子房とメシベ先端が残る。
濃緑を経て藍色でつやのある果実になる。チゴユリのものに似ている。


花確認:
2007(F4)(F5)
2008(F4)
2009(F4)
2010(F4)
実確認:
2007(C6)(C7)(C8)(C9)

宮城県版のチゴユリ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。