まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

オヘビイチゴ

オヘビイチゴ トップ
バラ科
キジムシロ属
Potentilla anemonifolia Lehm.

花は1.2cmから1.5cm程度、草丈は10cmから15cm程度、長さは30cm程度で、地を這って横にも伸びているので、一箇所で大きく拡がっている場合も多い。
高水敷等青々とした明るい草地に繁茂。
年中よく刈り込まれる草地では、ヘビイチゴのような雰囲気の個体も多い。(同じ場所では葉の色合いや質も似る。)

全景と花序の様子

オヘビイチゴ _allall オヘビイチゴ 全景 オヘビイチゴ 全景 オヘビイチゴ 全景
オヘビイチゴ 全景 先端側は結構立っていることが多い。
同時に開花している花は多くないが、全体の花数はそれなりに多い。

花の拡大、萼の様子

オヘビイチゴ 花 オヘビイチゴ 萼 花は花弁がきれいな倒心形。ヘビイチゴ等とも似て見えるが、副萼片は小さく線形から披針形。萼の表に前方に伏した軟毛が多く生える。逆に萼裏に毛はほとんどない模様。(ミツバツチグリでは萼裏に目立つ毛がある。)
オシベも花粉で黄色なので全体が黄色く、撮影時に気をつけないと黄色一色に飛んでしまう。(花粉が出終わると葯は黒っぽいこげ茶色になるが。)

葉と托葉の様子

オヘビイチゴ 葉 オヘビイチゴ 葉 よく説明にあるのは5出の掌状複葉だが、実際には、結構下の方まで3出のものが多くつく場合もあり、よく引っ掻き回して調べないと5小葉の葉があることに気づかない場合がある。3出のものは小葉が長楕円、5出のものは倒披針形のものが多い。複葉化しきっていないものも結構見られる。
基部は狭いくさび形。鋸歯は顕著だが、基部から1/3程度にはないか目立たない。
葉全体の径は2.5cmから5cm程度。
葉柄は長めで2cmから3cm程度だが、上部ではほとんど無柄になる。
托葉は大きく1cm程度になるものも。卵形で時折切れ込みがある。セットの葉の葉柄と基部がやや合着し、中から1から5程度の枝か葉が伸びている。葉が伸びているのは、短枝的につまった枝がついているのだろうか。
(なお、上部の托葉は細く鋸歯もない。)

茎の様子

オヘビイチゴ 匐枝と托葉 オヘビイチゴ 茎 茎や托葉は基本的に薄緑だがほんのり赤く染まるものもある。
茎や葉柄には上向きの伏した非常に細い毛が散生するが、目立たず一見無毛にも見える。ルーペで確認すれば生えているのがよくわかる。


花確認:
2007(F4)(F5)
2008(F4)
2009(F4)(F6)
2010(F6)

宮城県版のキジムシロ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。