まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ノヂシャ

ノヂシャ 花序
スイカズラ科 ノヂシャ属
123456789101112

Valerianella locusta (L.) Laterr.

(APGⅢでこんな科に…。)
花は1.2mmから1.5mm程度で、花序全体で1.5cmから2cm程度。草丈は10cmから30cm程度。
節毎に二股に分枝する。
ほとんど白に見えるがよく見ると薄い灰紫~灰水色
某高水敷周辺では大量に繁茂。

群生と花の拡大

ノヂシャ 群生の様子 ノヂシャ 全景 ノヂシャ 花
ノヂシャ 花 やたらにぎやかで半球状になっている。
シベが飛び出て面白い。
花冠の裂片はそれぞれ縁を白く残して中央が灰紫に染まる。
こんな小さな花でもグラデーションがあったりと面白いと思う。
長楕円?披針形の苞葉が大きく、花の何倍もあるので目立っている。
苞葉の縁には毛が生える。

葉・茎の様子

ノヂシャ 葉 ノヂシャ 茎 葉は2cmから3cm程度、形状は長楕円で葉柄がなく基部は横に広めで茎をかすかに抱きかけている。対生。
縁はほぼ全縁に見えるがところどころ低い鋸歯があるものもある。
また、ルーペでよく見ると縁には短毛が生えている。
茎はほぼ無毛だが稜上に若干の毛がある。

果実の様子

ノヂシャ 果実の様子 1.8mm程度で、花とのバランス的には結構大きいか。


花確認:
2007(F4)(F5)
2008(F4)
2009(F4)
実確認:
2008(C5)

宮城県版のノヂシャ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。