まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ミツバツチグリ

ミツバツチグリ トップ
バラ科 キジムシロ属
123456789101112

Potentilla freyniana Bornm.

花は径1cmから1.5cm程度、大抵1.2cm程度とキジムシロより小さめの傾向。高さは10cmから20cm程度だが匐枝を出して這って拡がる。
三出複葉で小葉は卵形程度で基本的にはあまり長細くならない。キジムシロ属のものは普通にぱっと目につく葉以外に地べたの方等各所の葉をしっかり見る必要がある。注意。
萼裏は毛がかなり顕著
暗めの林縁や林の中にも見られるが野原に多い。
照りつけるような明るい場所にあっても茎や花柄は赤紫にはあまり染まらないものがほとんどで、若い部分で鈍い薄黄緑で、段々緑褐色になっている。
全体で言えばキジムシロより毛が少ない印象。

全景・引いた様子

ミツバツチグリ 全景 ミツバツチグリ 全景 ミツバツチグリ 全景 ミツバツチグリ 全景
キジムシロよりも色々な姿。しっとり瑞々しい印象が強いが、荒れた土地で照り付けているとわりと同じような感じになる。

花序と花の・萼の様子

ミツバツチグリ 花序 ミツバツチグリ 花
ミツバツチグリ 花 ミツバツチグリ 花 ミツバツチグリ 花拡大 ミツバツチグリ 花の後ろ
ミツバツチグリ 萼 花はキジムシロよりはよく開く傾向で、大抵平開かそれに近い。花弁同士の隙間は結構ある場合も多いが、やたら広い花弁の場合は重なるくらいなので注意。
花弁基部付近にはキジムシロのような橙色の染まりはないかほぼない
花弁先端は窪むものからそのまま円形のものまである。最基部は柄状になるものからただの角になるだけのものまで見られる。花弁裏は白くない。
副萼片は肥大せず形状もシンプルで、披針形から線形で萼片よりも小さくやや短い。

苞葉と上部の葉、匐枝の様子

ミツバツチグリ 上部の葉・匐枝 ミツバツチグリ 上部の葉 集散花序で各部の苞葉は無柄で披針形のものが多いが、最下の苞葉は大きめで、基部まで裂け拡がっているものや、更にその中央裂片が大きく普通の単葉のようになって先端に向けて幅広くなり先端が裂けているものが多い。
茎をぐるりと半周程度取り巻く感じになる。

葉の様子

ミツバツチグリ 葉 ミツバツチグリ 葉 ミツバツチグリ 葉 ミツバツチグリ 葉柄
下部では細い葉柄がひょろひょろと伸び葉が一応立っているものが多め。
葉は三出複葉で小葉は卵形か長楕円、全体に細長くスマートな印象。鋸歯は顕著で荒い形状だが細くなく、先端は尖るが縁は若干丸く膨らむ。鋸歯は小葉の基部付近まである。
葉の表面は縁に向かって(=即脈と同方向)伏した白い軟毛が散生。(茎や)葉柄は必ず毛が生えているが多いものと少ないものがある。
時期的なものもあると思われるが、個体差が大きい。
上部の葉は三出せず単葉のものも多く、また小葉の形状はヘラ形のようなバランスで半ばから先端側だけ鋸歯があるものが多い。葉柄もほとんどない。

花確認:
2007(F4)(F5)
2008(F4)
2009(F4)(F5)
2010(F4)(F5)
2012(F4)

宮城県版のキジムシロ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。