まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ゲンゲ

ゲンゲ 花序
マメ科
ゲンゲ属
Astragalus sinicus L.

花は全体で2cmから2.5cm程度、草丈は10cmから15cm程度。
蓮華に似ていることからレンゲソウとも呼ばれる。
畑で育てて枯らして肥料にする農法があったが、最近ではほとんどの場合、「観光」のために行っているのだろう。
とはいえ、観光目的以外にも、田舎エリアの畑脇等ではちょこちょこ見られる。

全景

ゲンゲ 全景 ゲンゲ 全景 ゲンゲ やや白い花 白花の株やそれに近い株もあるので、探しても面白い。
右の写真は先端だけ染まりの残るもの(ただし宮城県の田舎エリア)。先端以外は純白なので、晴天下での撮影は大変。

蕾と花序、花後の様子

ゲンゲ 蕾 ゲンゲ 花 ゲンゲ 花 ゲンゲ 花序
ゲンゲ 若い果実 花は6から7花程度が輪生するだけなので、上から見るとすっきりしている。ドーナツ状。
花の模様は結構くっきりしている。
白と紅色からピンク系とのツートン。竜骨弁は先端側がかなり濃い。側弁はあまり染まらない。旗弁は先端側が色が濃く、特にやや中央寄りの二箇所が最も濃い。脈の染まりも目立つ。
萼の裂片は細く針状に伸びている
花後はひとつひとつの花が倒れて旗弁の先端が外に向くため、ひとまわりからふたまわり大きく見える。
更にその後は子房が真っ直ぐ横に伸び、独特で面白い。糸状に細い柱頭は上方向にくるんと屈曲している。

葉と托葉、茎の様子

ゲンゲ 葉 ゲンゲ 葉 ゲンゲ 小葉 ゲンゲ 托葉
ゲンゲ 茎と細い托葉 葉は偶数羽状複葉
小葉はかなり丸い菱状広卵形・菱状広倒卵形で、縁は全縁。表面にはほぼ先端側を向いた伏した白い軟毛が生える。
托葉は卵形で縁に毛の多いものが1対あるが、細いものも見られる。
茎は上向きに伏した白い軟毛が散生。

果実の様子と種子の様子

ゲンゲ 若い果実 ゲンゲ 若い果実 ゲンゲ 熟した果実 ゲンゲ 熟した果実
ゲンゲ 種子 花後突き出していた果実は立って極端に反って、腹側だった側が上側に向いている。つやのない果実で、真っ黒になる。薄くぱりぱりしていて2cmから2.5cmで、真ん中が凹んで別れていてそれぞれに4、5種子が入っている。
種子は偏平で、普通の楕円の豆の種に一部出っ張りと丸い切り抜きができたような、かなり独特の形状。長辺で4mm程度。


花確認:
2007(F4)(F5)
2009(F4)
2011(F5)
実確認:
2011(C5)

宮城県版のゲンゲ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。