まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ヒトリシズカ

ヒトリシズカ トップ
センリョウ科
チャラン属
Chloranthus japonicus Siebold

花1つ(糸3本)が6mm程度、草丈は花期に5cmから15cm程度。
にょきっと紫褐色のややごつごつした感じの茎が伸びて、上部に1回だけ4枚の偽輪生葉を付けてその基部から花序を伸ばし、花弁のない、白いものが3本うねうね突き出している妙な花をいくつもつけ、密度の粗い試験管ブラシのようになっている。
林床にて。

全景の様子

ヒトリシズカ 全景 茎は伸びまくっているのでかなり面白いシルエット。茎の長さの程度がどうでも、花期の初期は葉が小さくて花序を守るように斜上している。

花序と花の様子

ヒトリシズカ 花序 ヒトリシズカ 花序 ヒトリシズカ 花の拡大
ヒトリシズカ 花のカチューシャ… 理科の時間に試験管を洗った試験管ブラシを思い出す。
花序軸に合着して上に伸びて台座のようになった花柄の先に独特の花をつける。
メシベは卵形で先がつまんだようになっている(らっきょ形)緑のもので、子房表面はぼつぼついぼ状。摘んだ先で少し膨らんだ柱頭は半透明で白っぽい。
メシベ子房の外側基部あたりは水平方向に稜ができていて、その上からヨの字状の白いものをうねっと突き出している。
左右2本は、横方向に出ている部分はやや下がって太くなっていて、おそらくこの部分が本来の花糸で、この太った部分の下面側に腎臓形の黄色い葯をつけている。
3本の突き出している部分は、単純に「オシベの付属体」と言えなくもない気はするが、花糸の先についているというつき方と3本あるということから考えると中央のものがメシベに対応しているもので左右の2本がオシベに対応しているもので1本1本が「メシベ・オシベの付属体」なのかもしれないし、もっとシンプルに考えて、合着している「花被」なのかもしれない。

葉と葉柄基部・果実の様子

ヒトリシズカ 葉 ヒトリシズカ 茎 ヒトリシズカ 果実
葉は4輪生のような、対生同士の間に軸がない詰まった十字対生を形成し「偽輪生」。葉の形状はないし楕円形から卵形、綺麗な鋸歯がある。鋸歯はやや外向きで鋭くトゲトゲしている。
葉面は葉脈に向かって湾曲して窪みはっきりキルティングのようになっていて、ぽこぽこしている。
表面はかなりつやが強め
果実が熟し始めると花序の基部から倒れて葉と平行になり、目立たなくなる。
果実は無毛でマットなラバーのように見えなくもない。

白い3本が葉化している個体

ヒトリシズカ 花序葉化 ヒトリシズカ 花序葉化 花の構造物の一部(白いうねっと突き出ているはずのもの)が葉化しているもの。下に葯はあり、メシベも正常。右は特に強く葉状になっている。
(このようなものはファイトプラズマの感染により起こる「○○葉化病」(よくあるのはアジサイ葉化病)というものも知られているが、それなのかそれとは無関係に変異したのかは少なくとも私には分からない。)


花確認:
2007(F4)(F5)
2008(F5)
2011(F4)
実確認:
2007(C5)(C6)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。