まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ジュウニヒトエ

Ajuga nipponensis Makino

花は幅6mmから7mm程度、草丈は10cmから15cm程度。
全草に長い軟毛が密生していて、春先とはいえ全体にかなり暑苦しい。一見毛がなさそうなところもよく見ると毛が生えている。
花は一見白だがかなり薄い赤系灰紫で、もう少しばかり濃い薄赤紫の条が入っている。
茎や花柄、萼は渋く濃い赤紫。
葉色も青々とした感じではなく薄く渋いので、全体にふんわり印象が薄い。明るさで言えばかなり明るいはずが、気づかずに通り過ぎてしまうことも。

なお、同じように塔というか棒のように花序を立てる、銅葉っぽくなる濃い青紫の花のセイヨウジュウニヒトエ(ツルジュウニヒトエ、セイヨウキランソウとも。)という園芸種があるが、花序軸の毛が少なめで暑苦しさがないスマートな印象で、葉等も毛が少なめ、また、つるのような走出枝を伸ばして殖える。

全景の様子

ジュウニヒトエ 全景 ジュウニヒトエ 全景 全草の様子。セイヨウジュウニヒトエと比べ小ぶりでかわいらしいというイメージがあると思うが、環境がよいとかなり大きな株になって棒も相当長くなっているものも見られる。
これは在来種がまだ多数あるエリアで、小道の脇にある民家の土手。スカイアクセスの開通後沿線の開発が勢いを増していて、もう数年で消失する可能性は高い。

ジュウニヒトエ 全景 ジュウニヒトエ 花・全景 こちらは他と比べ荒れた感じの赤土に生えているが、元々こんな場所だったわけではない。原生林のそばの田舎な場所だった。TX沿線の開発でもはや土地ごと消え去った。

花の様子

ジュウニヒトエ 花 ジュウニヒトエ 花 ジュウニヒトエ 花 ジュウニヒトエ 花を背から
下唇は大きく、三裂している。側裂片は先が三角状の等幅で長細い。側裂片には1本中央の赤紫の条が目立つ。
中央裂片は簡単に言えば逆台形で、先端の角は丸い。中央部は小さい三角状に出ている。三又の赤紫の条が目立つが、よく見ればもう少し複雑。
上唇ははっきり二裂しそれぞれ狭卵状三角形で、この仲間内ではそれなりの大きさがある。オシベやメシベはこの裂片より先に出ない
二長オシベだがそれほどの差はなく、葯はほとんど触れ合っている。横並びの葯を左右に分けて間に、短い方のオシベの葯の間に先端を挟むようにメシベ柱頭が見られる。
メシベ柱頭は小さく前後に二つに裂けている。
花序の花密度が高く分かりづらいが、花冠の筒部は思いのほか細長い。花冠の外側には短軟毛が密生するが、それほど目立たない。
萼は渋く濃い目の赤紫で、白い長軟毛で毛深い

葉の様子

ジュウニヒトエ 葉 ジュウニヒトエ 葉 葉は長楕円で、不規則で大きめの丸っこい鋸歯がいくつかある。葉脈は深い。
灰緑系
葉裏や葉縁、葉柄は薄い赤紫の軟毛が密生、表面にも散生。特に葉縁の印象は、和紙をちぎったかのような感じ。表面には鈍い光沢がある。
詰まっていて分かりづらいが、実は葉柄はわりと長い。
茎も軟毛が密生し、ほとんど白だがよく見ると毛自体にやや赤紫味がある。

幼生株の様子

ジュウニヒトエ 幼生株

花確認:
2007(F4)(F5)
2010(F4)

宮城県版のキランソウ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。