まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

シロバナタカアザミ

シロバナタカアザミ トップ
キク科
アザミ属
Cirsium pendulum Fisch. ex DC. var. albiflorum Makino

花は3cm程度。草丈は千植誌等から判断すると1mから2m程度のようだが、この周辺は土地造成で土入れしたところ(荒れたというか痩せた土壌)で、大抵せいぜい60cm程度。
葉腋から伸ばした長めの花序の枝は、花柄が5cm以上伸びると全体的に湾曲して枝垂れるようになり、花部がはっきり点頭してその後咲く。
花柄の総苞基部周辺以外はほぼ無毛細長くぴんと直立花期に根生葉はない。(タカアザミの特徴。)

なお、通常の赤紫のタカアザミとは花期がずれていて開花が早いとのことで、品種(forma.、形態。)ではなく変種(var.)とされているのはその生活史の違いが重視されているのだろう。
県内北西部にはちょこちょこ生えている場所があるようだがそれ以外では少ないようで、徐々にランクが上がってしまっている模様。(タカアザミも。)

花前の姿

シロバナタカアザミ 全景 シロバナタカアザミ 蕾 シロバナタカアザミ 蕾 この段階では咲いた花がまだだが、下から覗くとベージュと白だけが見える。赤み・紫味はまったくない。
総苞は卵形で、総苞片は中途から湾曲し外に開く
花の基部だけではなく花柄全体から曲がって花前から点頭。
総苞片は細長く、外に開く。
茎の総苞周辺部分のみ、クモ毛らしき白い毛がまとわりついているようで、白っぽくなっている。

花期の全景・花の拡大・花後へ移行

シロバナタカアザミ 全景 シロバナタカアザミ 花 シロバナタカアザミ 花後 筒状花は真っ白。花後は渋い褐色になり汚くなる。
シベ先端に花粉の黄色が見える。

葉と茎の様子

シロバナタカアザミ 葉 シロバナタカアザミ 茎 シロバナタカアザミ 茎 葉は上方へ向いているものが多い。形状は細長く、細く羽状裂する。それぞれの裂片は更にがたがたに歯牙・欠刻になっている。基部は極端に茎を抱くと言う感じではないが葉柄はほぼない。
葉質は薄く色も明るいので柔らかく見えるが気を許して触ると実は硬く、ものによってはプラスチックで作ったかのように抵抗がある。
上部の葉はより細長く、小さくなる。
茎は、(ルーペで見るとかなりまばらに茎に毛があるようだが、)ほとんど無毛、ないに等しい。触っても分からない。

果実の様子

シロバナタカアザミ 果実期全景 シロバナタカアザミ 冠毛・痩果 シロバナタカアザミ 痩果 この時期には頭花が若干上向いて総苞がより展開する。
冠毛の径は3cm程度。冠毛は柄がなく、放射状に伸びた毛には羽状に細かい毛が生える。
痩果は長さ3.5mm程度、まだら状にしみのように、濃い色の模様がある、全体に薄く明るめな灰褐色。

より「らしい」姿の個体

シロバナタカアザミ 巨大全景 2007年6月17日追加。その前に見つけて咲くのを待っていたが晴れて大量に咲いたので写真を追加。
これでこそタカアザミの仲間、といったサイズと形態。約180cm。何十もの頭花をつけたこの雰囲気が何とも言えない。


花確認:
2007(F5)(F6)(F7)
実確認:
2007(C5)(C6)(C7)

宮城県版のアザミ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。