まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ヒメヨツバムグラ

ヒメヨツバムグラ
アカネ科
ヤエムグラ属
Galium gracilens (A.Gray) Makino

花は1mm程度、茎は15cmから20cm程度。
株元で大量に分枝しそれぞれ若干這い性があり斜上、 花色は白ではなくヤエムグラと同様、薄緑。
ただし、葯が紫か黄色(黄色は花粉の色)の間薄緑だが、 葯が茶色くなる頃には、花冠がかなり白くなる。

小花柄の長さが不均衡ではない・葉が細いことから、キクムグラではない。
雰囲気としては「ヤマムグラ的なヨツバムグラ」。(ヤマムグラは、千葉県ではもうちょっと自然の中へ行くと見られる。手元に写真がないのでそのうち撮影するつもりだが、以前見つけた場所は結構行くのが面倒なので…。)

全草の様子
ヒメヨツバムグラ 全景 ヒメヨツバムグラ 花序 大量に分枝し、這い性が強い。

花の拡大
ヒメヨツバムグラ 花序 ヒメヨツバムグラ 花拡大 ヒメヨツバムグラ 花拡大
葉腋から7mmから1cm程度の1段目の花柄を伸ばして、その先に集散花序か散形花序をつける。
一段目基部に2枚の苞葉が着き、最終の花序先端はそれぞれ3花が多い
2段目がある場合(集散花序の場合)は二段目の基部に1から2枚の苞葉が着く。
先端の小花柄(花のつく部分)の長さは安定していて6mm程度。
裏側に毛はない
葉と茎の様子
ヒメヨツバムグラ 葉 葉の長さは5mmから7mm程度と非常に小さい。
葉は4枚輪生し、各葉はヨツバムグラとは異なり細長いが線形ではなく中はわずかに太る披針形(倒披針形気味)
先端は尖る。
葉柄はない。縁は白い毛が生え荒々しく、ぱっと見鋸歯のよう。
茎の、葉の基部部分は環状に白い毛が生える。
茎の径は0.8mmから1mm程度でかなり細い。

果実の様子
ヒメヨツバムグラ 果実 ヒメヨツバムグラ 果実拡大 果実は1.5mmから2mm程度、長楕円を二つ合わせた形状で、 表面に曲がって伏し気味のぷりっとした突起物が大量に生える。
このため果実は若干白っぽく見える。


花確認:
2007(F5)
実確認:
2007(C5)

宮城県版のヤエムグラ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。