まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ヤマブキ

ヤマブキ トップ
バラ科
ヤマブキ属
Kerria japonica (L.) DC.

花は3cmから3.5cm程度が多いが個体内でも5cm程度の巨大花を混ぜてつけることも多い。鮮やかな「山吹色」。低木で、枝をよく横に伸ばし藪や他の低木の上に乗っかっていたりする。高さ1mから3m程度、弓のような長さは2mから4m程度になる。
そこらじゅうで植栽されているのだが、林の中で見かけるとこの色は強烈で印象深い。しかも多数の花をつける。(大抵の林で、元からあったわけではない感じ。)
上品な感じに花の少ないものはよいが、正直、花まみれで鬱陶しいくらいのものが多い。(どうも派手なのを好まない私の好みの問題で普段あまり撮っていない。フォトストックを見ると。)
この種内の品種として白というか極めて白に近い薄クリーム色か象牙色の「シロバナヤマブキ」というものがあるが、エリアでは植栽が一箇所見られるのみ。

なお、シロヤマブキは別属の花なので注意。

群落の最盛期にやや引いた様子

ヤマブキ 全景・花 ヤマブキ 全景・花
派手で鮮やかすぎて、林の中にこれがあると他の花が目立たず探しづらい。
花も葉も枝も多いので、この樹が茂っている時期、下には下草があまり生えていない。

枝の様子

ヤマブキ 枝 ヤマブキ 枝
横に弓なりになった枝や横に突き出している枝が結構邪魔になったりもする。…。林縁の道路等で歩道に張り出していたりするので結構危険。刺がないのが救いと言いたいところだが、実際のところ、刺がないから放置されるのだろう。
ヤマブキ 枝 よく下段のように多弁化している。
完全にシベがなくなった八重もある。個人的には、八重は極端に派手であまり好きではなかったりするが。また、八重のものにはそういう園芸品種なのか、はっきり赤みのある、ようはオレンジ色のものも見られる。詳細不明だが、たまに植栽を見かける。

花の様子

ヤマブキ 花 ヤマブキ 花 ヤマブキ 花
ヤマブキ 花の後ろ・萼 目の覚める色。卵形でたまに先端に窪みや切れ込みのある花弁で、基部側1/5弱程度は円形から流れるように細いくさび形になり柄状。この柄の部分のため、後ろ側が5枚の葉っぱ形にくり抜かれて見えるのがかわいらしい。縁は結構いびつによれている上、実シルエットも弱い波状になっていることが多め。
オシベは多数で、花糸も葯も花弁同様の黄色。

葉の様子

ヤマブキ 葉 単葉で、互生する。狭卵形で先端がやや摘んだように尾状になる。基部は円形から浅心形、または切形にもなる。鋸歯は細かいがかなり荒い感じ、重鋸歯だがかなり整っているように見える。
きれいに揃って斜めに走る側脈で山折谷折りができてとても立体的。
鮮やかな緑が目立つが、林内での撮影になると変に青く写るか黄色被りするのでちょっと葉はまともな色に撮りづらい。

果実の様子

ヤマブキ 果実 ヤマブキ 果実 実は断面が赤道二枚貝のような形になる楕円体・卵体のものが大抵3個ほど集まっている。(本来5個なのだが、結実の都合やその後の風雨で大抵揃っていない…。)
熟すと赤紫っぽい黒になる。


花確認:
2006(F4)(F6)(F7)(F8)
2007(F3)(F4)(F5)(F6)(F7)
2008(F4)(F5)(F8)
2009(F3)(F4)
2010(F3)(F4)
2011(F4)
2012(F8)
実確認:
2006(C6)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。