まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

カラスビシャク

カラスビシャク 全景
サトイモ科
カラスビシャク属
Pinellia ternata (Thunb.) Breitenb.

ハンゲ(半夏)とも。
花の仏炎苞の長さは、筒状になっている部分だけ(舷部除く)で4cmから6cm程度で、中から上向きに伸びている肉穂花序の付属体は15cmから20cm程度。
付属体は外に延びている部分は緑~薄黄色だが、隠れている部分は黒紫
地中の茎から花柄、葉柄が地上に突き出る。花柄の丈は30cmから40cm程度。
花色を緑としたが、外側のものは花弁等ではなく花序の基部にある苞。花序を包み、仏炎苞と呼ぶ。
ちなみに…実家の庭にはこれが大量に生えている。ムカゴから根と小さな葉が生えたものが今の時期(5月)大量に出てきていて、草むしりが大変。

花の拡大

カラスビシャク 花 カラスビシャク 花 (実際には花は中の地味なもの。)
苞を開いて花序も写すとよいのだが…こればかりはちょっと触る気になれなかった。(臭い。)
付属体の黒い部分が見える。
仏炎苞の先端は丸く、尖らない。

葉とムカゴの様子

カラスビシャク 葉・ムカゴ カラスビシャク 葉・ムカゴ カラスビシャク 葉柄のムカゴ 長い葉柄の先に3出複葉、小葉は長楕円。
小葉にはわかりづらいがちゃんと小葉柄がある。
頂小葉は8cm程度。
複葉の基点部分と、葉柄の基部近辺との二箇所にムカゴを形成する。
写真内囲み左は複葉の付け根、右は葉柄基部付近のもの。
ムカゴはクリーム色の半球状のもので先端がキューピーの頭のように尖っていて、その部分は焦がしたように茶色くなる。


花確認:
2007(F5)(F6)
2008(F5)
実確認(※ムカゴの方):
2007(C5)
2008(C5)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。