まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ヤマウコギ

ヤマウコギ 枝
ウコギ科
ウコギ属
Eleutherococcus spinosus (L.f.) S.Y.Hu

花は花序で3.5cm程度、ひとつで4mm程度。落葉低木で高さ2m程度、よく枝垂れ、長さ自体は3m程度。
雌雄異株で、 オシベの目立たない雌花のつく雌株と、 オシベの目立つ雄花のつく雄株がある。
茎には長楕円で目立つ目が大量にある。
また、節毎に太くまっすぐな棘が生える。
枝により互生、束生が混じり、特に束生の枝は数が少ないと対生に見えるので全体に渡ってよく見る必要がある。

似たものに、丈の低いオカウコギという木本もある。

全体の様子

ヤマウコギ 雌株全体 ヤマウコギ 雄株全体 左は雌株、右は雄株だが、花以外特に差異はなさそう。

雌花花序と雌花の拡大

ヤマウコギ 雌花花序 ヤマウコギ 雌花花序 花柄は5cmから7cm程度、斜めから下向きになり、散形花序を形成、多数の花をつける。鐘形の萼筒で、先端は浅く5裂して三角状になる。
雌花では花柱2本、オシベは一応5本、というか5個あるが目立たない

雄花花序と雄花の拡大

ヤマウコギ 雄花花序 ヤマウコギ 雄花花序 ヤマウコギ 雄花花序 花柄は5cmから7cm程度、斜めから下向きになり、散形花序を形成、多数の花をつける。鐘形の萼筒で、先端は浅く5裂して三角状になる。
雄花では、オシベが3mmから4mm程度ある。葯も目立つ。花柱は2本ある。

葉の様子

ヤマウコギ 葉 ヤマウコギ 葉 ヤマウコギ 葉 葉柄は5cmから8cm程度、5小葉でなる掌状複葉で、小葉は倒卵形、先端は鈍角だが尖る。基部はくさび形で小葉柄に流れる。顕著な小葉柄はない。縁は間隔の長い浅く内に向かう鋸歯があるが荒さはない。鋸歯先端は白っぽい毛状になり、ときに目立つ。
葉全体で6cmから7cm程度。
3枚とも同じ個体のものだが、特に右のものは大きく雰囲気が異なる。小葉が太く小葉同士がぴっちり合わさっている。鋸歯の先端の毛状突起も目立つ。個体内でもかなり葉の変異があるので、多数の葉を見て総合的に判断する必要がある。
表面は無毛だが、若い葉では先端付近に寝た毛状突起が散生する。
なお、若枝ではオカウコギのような重鋸歯になる場合もあるとのことで、よく見たら確かに確認できた。林の奥で数十cmの重鋸歯の個体を見た場合に即オカウコギとしてはいけない。
また、オカウコギと異なり葉柄は中途に棘がないが、先端(葉身の基部)に数本まとまった棘があるものもある。

葉裏と茎の様子

ヤマウコギ 葉裏 ヤマウコギ 葉裏ポケット ヤマウコギ 葉裏ポケット 葉裏には脈上に棘がある場合もある。
主脈から側脈が分岐する部分と、さらに側脈の分岐する部分にポケット状の薄膜がある。葉から自然に剥離して浮いて、いつの間にかポケット状になる。内側には黄褐色の突起物がある。中央は、膜を破って写したもの。
この組織の見え方(目立つかどうか)もオカウコギかヤマウコギか見分ける際の特徴のひとつとなる模様。オカウコギでは目立たず、ヤマウコギでは目立ち下に毛が見えるとのこと。

ヤマウコギ 茎 若い枝は緑なので目が目立つ。葉柄は基部で90度程度曲がっている。

果実の様子

ヤマウコギ 果実 ヤマウコギ 果実 初期段階では、径5mm程度で厚さ2.5mm程度で扁平で、花柱は赤く染まっている。
少しずつ膨らんでいく。結実率は異様に高い模様。

果実の変化

ヤマウコギ 果実 ヤマウコギ 果実 ヤマウコギ 果実 2007年05月27日と20日後の2007年6月17日、更に2007年7月1日の同じ花序の様子。
6月17日:だいぶ膨らんで扁平さがなくなってきた。
7月1日:球形になっている。暗い赤紫になった後、暗い青紫色になる。表面は粉っぽい部分が多い。


花確認:
2007(F5)
実確認:
2007(C5)(C6)(C7)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。