まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

タカアザミ

タカアザミ トップ・花
キク科
アザミ属
Cirsium pendulum Fisch. ex DC.

頭花は長さ2cmから2.5cm程度。
なお、草丈は本来は1mから2m程度のようだが、 痩せ地に咲いているためかこの周辺の個体は80cm程度。(それでも周辺の他の草本より丈が高い。)
頭花は点頭する。
シロバナタカアザミと異なり花期は本来夏で、集団によっては早いものもあるらしい。
この周辺ではシロバナタカアザミと同じ土地に生え、ほんの少し遅れるだけのようなので、その早い集団、に相当するものと思われる。
全草縦方向のイメージでかなりスマート
千葉県北西部では割と見られるものの個体数はそれほど多くない模様。
赤紫の成分があるため、全草、黄緑のシロバナタカアザミより濃い緑のものが多い

(※その後の大規模な沿線タウン開発により、周辺全域で土地ごとすべて消失したと思われる。)

全草の様子・花の拡大と蕾

タカアザミ 全草 タカアザミ 花の拡大 タカアザミ 蕾 総苞片は中途から曲がって開出気味になり刺々していて痛い。
くも毛がまとわりついている。
総苞片の中心には紫の染まりがある。

葉と茎の様子

タカアザミ 葉 タカアザミ 葉・茎 タカアザミ 茎 葉は細く、羽状深裂し、各裂片の先端は棘状になる。葉柄がなく基部が広くなっているため、かすかに茎を抱く。
葉はそれほど大きくなく、斜め上を向いているものが多い。
花期にロゼットはない
茎は、花柄及びそれに相当する部分(主茎はどこから花柄だか。)から先はくも毛が生えている。中部?下部にかけては無毛。
それ以外は無毛
上述だが、シロバナタカアザミより赤みが混じり濃緑。ちゃんとアザミ、という感じ。

果実の様子

タカアザミ 痩果 柄のない冠毛のつく痩果。各毛はさらに羽状になっている。痩果部分には縦に黒っぽい褐色の筋状のしみがある。


花確認:
2007(F5)(F6)(F7)
実確認:
2007(C6)(C7)

宮城県版のアザミ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。