まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ミコシガヤ

ミコシガヤ 全景
カヤツリグサ科
スゲ属
Carex neurocarpa Maxim.

穂状花序全体で長さ3.5cmから5cm程度、太さ1.2cm程度。草丈は40cmから50cm程度、河原沿いの草むらに生えていた。
全体に黄色が強い鈍い黄緑で明るめ。(緑味が少ない。)

この記事はもうちょっとまともな説明にそのうち変える予定。

花序と小穂の様子

ミコシガヤ ミコシガヤ 指先のような細長い「穂」を作っているうちのひとつの小穂はやたら詰まってずんぐりしていて全体で卵体。小穂ごとの間隔も詰まっていてかなり高密度。
また、小穂のひとつひとつの片は卵形になっていて、各片の縁は若干鋸歯状、また、先端の少し手前の内側面からかなり微細な糸状の褐色のものがちょろっと出ていて、時間が経つとくるくると縮れて巻いている。一応、これは芒なのか? これらの仲間の部位の用語を勉強していないので呼称不明。
小穂毎に、最外でちょうど下側になる小苞は、褐色の膜状の縁を持つ先端が線形の長いもの。これが随分長いため、花序内でかなり目立つ。



花序の基部に非常に長い苞葉がついていると思ったが対生していないので寄ってよく見たら、構造的には、最下の小穂の小苞だった。この、最下の小穂のものだけがなぜか10cmから15cm程度と極端に長い。他の小穂のものは、小穂のバランス的には長いのだがそれでもせいぜい2.5cmから3cm程度。かなり差がある。(一応下に行くほど長いのだが、最下のものだけはそのバランスを逸脱して長い。)

葉は株元だけでなく中途にも茎を抱いて(鞘状)よくつくのだが、写真がない。(確認はした。)
かなり細い線形だが、苞よりは葉らしい太さ。長さ10cmから15cm程度。
茎は中空でかなり柔らかく、軽く触っただけで折れてしまう。わりと柔らかいので曲げてもぱきっとはならない。

花確認:
2007(F5)(F6)(F7)
2008(F6)(F7)(F8)
2009(F5)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。