まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

アカバナユウゲショウ (白花品)

アカバナユウゲショウ (白花品) トップ
アカバナ科
マツヨイグサ属
Oenothera rosea L'Hér. ex Aiton

花は1.4cmから1.8cm程度、草丈は20cmから30cm程度。
※学術上よく呼ばれる完全な「白花」とは異なり色素自体はかすかにある(ちょうど開花中の花を肉眼で見ても分からないが。)。ツキミソウと同じような色変化をするがもっと薄い。とりあえず記事内では白花と呼ぶ。
アカバナユウゲショウの白花品、という呼び方がややこしい。(※アカバナユウゲショウの別名にはユウゲショウもあるが、赤い方がアカバナユウゲショウ、白い方がユウゲショウというわけではない。)
ピンクにしろ白にしろ栽培逸出で拡がっているものだが、少なくとも近辺では白は少なく、とある道路脇の一箇所だけで生育し、年々殖えている。最初は3、4株だったのだが、いつの間にか多数になった。
咲いている状態では白く花後薄い綺麗な桃色になる。といっても、ツキミソウよりだいぶ薄いためわずかな色変化なのだが、それでも面白い。
葉腋に一花ずつつけ、枝毎に同時に咲いているのは大抵一花だけ。
根元でも上部でもよく分枝する。茎の直立性自体は高い。堅く、ぴんとしている。
茎がぴんと上に伸び葉が短く小さいため分枝しまくっている個体でもシルエットはスマートに見える。
ピンクのものと違い、葉や茎等に紫褐色や赤褐色はない

普通の濃い化学的なピンクのものと普通の薄色ものはこちら→アカバナユウゲショウ

全草の様子・周囲

アカバナユウゲショウ (白品) 全景 アカバナユウゲショウ (白花品) 全景 アカバナユウゲショウ (白花品) 全景・周囲 年々殖えてこの様子。全体の色素が弱いと本来の色のもの(各部赤みがある)より弱めなのが多いが、この種はピンクのものと何ら変わらない模様。勢いがある。
こんもりとしているのでやたら多く見えるかもしれないが、この辺りでは一株が元気な植物が多い。道路脇ですら。
根元付近で特によく分枝し、斜上から弓なりに上向きになる。全草のバランスから言うと花は小さい。

花の拡大

アカバナユウゲショウ (白品) 花序 アカバナユウゲショウ (白品) 花拡大 アカバナユウゲショウ (白花品) 花 アカバナユウゲショウ (白花品) 蕾
花は小さなマツヨイグサそのもの。赤花のものと比べると清楚で繊細に見えなくもない。白い花弁だと中央奥の黄緑がやたら目立つ。花弁の脈は結構目立つのだが、それが写るように撮るのは思うようには行かない。(白く飛ぶので。)
萼は蕾時期も花期も薄黄色く、はっきりそれ以外の部分との色の違いが分かる。
モモイロヒルザキツキミソウやヒルザキツキミソウと異なり、蕾は直立している。(サイズの時点でまったく異なるが。)

葉と茎の様子

アカバナユウゲショウ (白品) 葉 アカバナユウゲショウ (白花品) 葉 アカバナユウゲショウ (白花品) 葉 アカバナユウゲショウ (白花品) 葉裏
葉は2.5cmから3.5cm程度で披針形や狭卵形やまたは四角形系(等幅)になる。先は細くなるが先端はよく見ると完全に鋭く尖ってはいない。
基部はくさび形で、葉柄は短いがちゃんとある。欠刻状の括れも多少見られ、頂点が前向きになっている場合(=呼称としては緩く大きな鋸歯になるか?)もある。
何か角々しい、というだけといった程度が大抵。
縁は裏に若干巻いている。このため表から見ると一瞬厚みがあるように見える。
互生し、下部以外でかなり斜上する。

アカバナユウゲショウ (白花品) 茎 アカバナユウゲショウ (白花品) 茎の毛 アカバナユウゲショウ (白品) 茎 茎には全体的に、開出して生えて鉤状に曲がって伏し気味になったりする軟毛が密生する。毛深いが短すぎて分かりづらい。部分によってはビロード状。
大きな個体では下部では長く、2mmはある。

花後の様子

アカバナユウゲショウ (白品) 蕾としぼんだ花 アカバナユウゲショウ (白品) 若い果実 萎んだ花弁はわずかに桃色。※なお、カメラの都合で赤みが実際より強めに出ているが更に薄い。
右を見ると…こうなってしまうと白花品だったかどうかほとんど分からない。(※全草の色合いが少し異なるので一応分かるのだが。)

果実の様子

アカバナユウゲショウ (白花品) 若い果実 アカバナユウゲショウ (白花品) 果実 アカバナユウゲショウ (白花品) 果実
アカバナユウゲショウ (白花品) 果実 倒狭卵体の蒴果で、長い柄がある。棍棒よりはマッチ棒のような感じ。
水に濡れると半分かもう少しくらいまで裂開して種子を零す。
翼状というかフィンのようなはっきりした畝部が裂片につき中央一本と両縁で計3本あり、無骨な感じ。
白い細かい縮毛が密生し毛深い。渋めの褐色になるとこの毛が明るいので少し目立つ。

種子の様子

アカバナユウゲショウ (白花品) 種子 数は多い。かなりいびつな狭い長楕円体で、つるつるしている。縦に一本、筋状に窪んでいる。長さ0.7mm程度。

果実裂開の様子

指で水をつけてみると、みるみるうちに…。フラッシュ充填次第シャッター切っていたが、変化に追いつかない。
途中ころんと向きが左に変わって見切れるが、開いたせいでシャッター切る瞬間に転がったため。(ちょっとびっくり。)

0
1
2
3

【●前へ】
【●次へ】


【●前へ】
【●次へ】


花確認:
2007(F5)(F6)
2010(F6)
2012(F6)
実確認:
2007(C6)
2010(C6)

宮城県版のマツヨイグサ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。