まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

マツバウンラン

マツバウンラン トップ
オオバコ科キンギョソウ連
ウンラン属
123456789101112

Linaria canadensis (L.) Dumort.

花は幅6mmから1cm程度とかなりまちまち。草丈は10cmから40cm程度。20cm前後が多いか。
小さな薄紫の花を穂状につけるひょろ長い草本。
ひょろひょろと伸びよく揺れて撮影しづらい。全景等引いた写真を撮ろうとすると細いせいでコンパクトカメラではフォーカスも合いづらい。(しかも液晶では合っているかどうかもよく分からない。)
日向に生えシャッター速度を稼げるのと花が極小ではないことがせめてもの救いか。
オオマツバウンランという変種もあるが、下唇の白い部分の白味が少し弱く脈の薄紫の筋が目立ちより花が大きく、花の距はかなり長く前に湾曲する。

群落と全景の様子

マツバウンラン 群落 マツバウンラン 全景 マツバウンラン 群落
全景・群落を写す場合、コンパクトカメラでは背景がぼけず地面に紛れてしまうので真横等から頑張る必要がある。

蕾時期から花序の様子・花の拡大

マツバウンラン 若い_ マツバウンラン 花序 マツバウンラン 花序 マツバウンラン 花拡大
マツバウンラン 花の距 マツバウンラン 花 マツバウンラン 花
上唇は強く2裂し、各裂片は中央がややくびれる角丸長方形状で結構大きい。かなり強く立っていて耳のよう。
下唇は大きく3裂し、各裂片は丸みの強い角丸四角状。下唇中央部は白くなり中央に筋状のくぼみのある石鹸型(扁平な角丸直方体状)に盛り上がっていて、目立つ。
萼は5裂し裂片はかなり細長く線形で、花筒を包み押さえ込むようにぴっちりしている。
マツバウンラン 花の拡大 マツバウンラン _hanamagari 距は、萼片の1.2倍~1.5倍程度でオオマツバウンランよりずっと短く、多くはそのまま後方へ伸び下方向に少し湾曲する。オオマツバウンランのように強く前方に湾曲する個体もちょくちょく見られるのでそれだけでオオマツバウンランと識別することは不可能。距は針のように細くて先細る。
右は距が前方に巻いたもの。
子房のある部分は萼に掴まれるように包まれていて丸っこく膨らんでいる。
花冠にまばらに透明の開出腺毛が散生、萼や花柄には結構多く生える。

マツバウンラン 花とアブ ひとつの花にとても長い時間いた上に、いくつもの花を回っていた。余程美味しいのだろうか。

葉と茎の様子

マツバウンラン 葉 マツバウンラン 葉 マツバウンラン 中部の葉
茎葉は線形でまばらに互生、若干多肉質で葉脈は見えない。
葉柄はない。のっぺりしている。ぴたっと上向きに茎に貼りついているものから開いているものまで見られる。
なお、上部では極めて短い苞葉に代わっている。
マツバウンラン 下部の葉 マツバウンラン 下葉 (幼生株ではこれだけがある)
下部の葉は三輪生し特に若いもので顕著に丸っこく披針形から倒披針形で茎葉よりずっと太くかなりの多肉質
マツバウンラン 茎 茎は無毛だが花序軸の方へ行くに従って腺毛が生える

マツバウンラン 下部の葉・無花茎の葉と花茎の葉 花茎の葉と根生葉・無花茎の葉を写すとこのような感じ。

果実の様子

マツバウンラン 果実 マツバウンラン 若い果実 マツバウンラン 若い果実 マツバウンラン 若い果実
果実はゴマノハグサ科らしい形状。なお、上側の方が広く、扁平気味な倒卵形でリンゴやナシのようなシルエットに近い。
果実の頭が萼片先端とほぼ同じ位置。
マツバウンラン 果実裂開 マツバウンラン 果実裂開 マツバウンラン 果実裂開 裂開の仕方が面白い。2室になっていてそれぞれが4片程度に割れて開く。仕切りは立っている。


花確認:
2007(F5)(F6)
2008(F5)
2009(F4)
2011(F4)(F5)
2014(F4)
実確認:
2007(C5)(C6)
2009(C5)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。