まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

フタリシズカ

フタリシズカ 全景
センリョウ科
チャラン属
Chloranthus serratus (Thunb.) Roem. et Schult.

花は2mm程度、花序は4cmから6cm程度、花序は1から5本程度あるが、この周辺では1本のものや3、4本のものが多い。
草丈は20cmから45cm程度、同じ森に育ちところどころで混生しているヒトリシズカと比べ大きくなる模様。たまに森によっては70cmから80cm程度のものが普通、という環境もある。
とはいえ、花が花なのでヒトリシズカより更に地味。
この個体のある森ではヒトリシズカとフタリシズカが混生しているが、ヒトリシズカはもう花はだいぶ前に終わり、すべて果実。
フタリシズカはまだこれから、と言った感じ。

花序・花の拡大・花柄

フタリシズカ 花序 フタリシズカ 花 フタリシズカ 花柄 フタリシズカ 花序の基部
花序から1mm程度の花柄が伸び、その上方内側に子房がつき、それを覆うように舟形と糸状の中間で内に曲がったややずんぐりして見える白いものが3つつく。
一応、オシベの花糸だろうか。
糸状でうねうね外に伸びているのヒトリシズカと大きく異なる点。
内側にはそれぞれ褐色の葯がつく。花粉は白い。
子房先端の黒っぽいところが柱頭。
花は十字対生か十字対生気味のものが多い。(果実期までに段々花序が伸びて動いて十字対生になるものもある。)
花序基部には鱗片状の総苞のようなものがつくが、そもそも各節にもつくので葉由来のものではなく托葉由来のものではないかと思われる。
花序は頂点だけではなく各節からも出ている。

葉の様子

フタリシズカ 葉のつき方 フタリシズカ 葉柄の基部 フタリシズカ 葉の縁 フタリシズカ 葉の節間
葉は長楕円で基部はくさび形、葉柄は極めて短く、基部がそのまま流れていく感じ。十字対生する。
葉質は若干ヒトリシズカに似ているものの、つやは少なめ。
葉の縁はヒトリシズカと雰囲気が異なる。より細かく数が多く、丸みのある鋸歯で先端が棘状に一段伸びる形状が強調される。この棘部は白褐色
(ヒトリシズカの方は、鋸歯自体が尖った印象。ただし実際には、構造そのものは同じ。)
ヒトリシズカは大抵、葉は2対だけで、それぞれの節間が非常に短く4輪生しているように見えるが、 フタリシズカは2対が最も多いようなもののかなりの個体が3対程度あり、節間は明確に離れ、輪生様の十字対生ではない

茎と節部の様子

フタリシズカ 茎 茎は無毛で赤みのある褐色、節毎に三角状の薄皮の鱗片状の托葉らしきものが1対貼り付いている。

果実の様子

フタリシズカ 果実 ヒトリシズカは結実すると花序が倒れ葉裏に隠れるが、フタリシズカの場合、だらしなくくねくね曲がるものは多いがなかなか倒れず、倒れても葉の上に寝ている
3mm程度。


花確認:
2007(F6)
2008(F6)
実確認:
2007(C6)(C7)(C8)
2008(C6)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。