まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

オオチドメ

オオチドメ トップ・花序
セリ科
チドメグサ属
Hydrocotyle ramiflora Maxim.

花は散形花序で全体で5mmから7mm程度、ひとつの花径は1.5mmから2mm程度。這い性で高さ2cmから3cm程度。
先端以外這って蔓延る茎から長めの花茎を上に伸ばす。
立ち上がった茎先端に関しては、丈は4cmから5cm程度、まれに15cm。茎の先端が高めに立ち上がって伸びるのはこの種の特徴
這っている部分から上に伸びている花茎も葉より上になり、5cm程度。
光沢の強い少し厚みを感じる葉が目立ち存在には気づくものの、これの花を見る人はどの程度いるか。
小さくて黄緑なので地味。
茎や花茎、葉柄は赤紫。

際立って直立しているありがたい茎と花の様子

オオチドメ 花序・茎 オオチドメ 花 オオチドメ 花 これだけ直立して葉柄の長さが段々短くなって行っていればすぐにわかるだろう。…。
小さな花だが、せいいっぱい5枚の花弁を展開し、構造そのものはちゃんとしている。オシベは花糸が長い。

葉の様子

オオチドメ 葉 オオチドメ 葉裏の毛 葉は2cmから3cm程度で、非常に浅く7から9裂し(この浅さで、似たノチドメと区別できる)、縁が少し上がり中央が窪む。各裂片には2つ程度更に浅い切れ込みがある。
基部はハート形等ではなく完全に左右が接するか、もしくは行き過ぎて重なる
表面も光沢が強いが、裏面はぬめっと更に光沢がある。
葉柄は2cmから3cm程度で、花径と異なり立ち上がらないでくねくねしている。
葉裏の脈上にはまばらに毛が生える。それとは別に、葉身の基部に数本、細胞が分かる透明の毛状のものが生える。これは普通の毛なのかどうか不明。(多分そうなのだろうが、よく分からないので。)
葉がつやつやしたやや肉厚な感じで、毛が生え、茎の先端が斜上するのはノチドメもだが、ノチドメでは花茎はそれほど伸びず葉はもう少し小さく、また、葉の表にも脈上に少し毛が生える。

茎の様子

オオチドメ 茎と葉柄、発根 先端以外、地上を這う茎。節からよく発根している。

果実の様子

オオチドメ 果実 角丸四角状に近い円形で扁平な果実。


花確認:
2007(F6)
2008(F6)(F7)(F8)
実確認:
2007(C6)(C7)
2008(C6)(C7)(C8)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。