まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

シロヤマブキ

Rhodotypos scandens (Thunb.) Makino

径2.5cmから3.5cm程度、たまに4cm程度の4弁花をつける低木。近所では、元々植栽だったものからの溢出ものと見られるものがちょこちょこ確認できる。
弓状に斜めに伸びる枝から新しい枝をひょろっと斜上気味に突き出し、先に花をつけるため結構積極的に前に突き出す感じで、目立つ。
ヤマブキとは属すら異なる。
※なお、ヤマブキにも白花品種がありシロバナヤマブキと呼ばれ、ややかすれた色の変化のある薄クリーム色の花をつける。これと混同しないように。

全景・枝先の様子

シロヤマブキ 全景 シロヤマブキ 枝 シロヤマブキ 枝
シロヤマブキ 枝 突き出した枝先の花が目立つ。
だらしないべたっとした花弁なので葉に張りついていることも多い。
よく晴れた日の撮影では真っ白に飛ぶので大変。多少薄雲のかかった瞬間にアンダーにして撮ると陰影が出る。

花と萼の様子

シロヤマブキ 花 シロヤマブキ 花 シロヤマブキ 萼 枝先で白い軟毛のある花柄を出す。葉のような大きな卵形の萼をつけ、基部付近左右に披針形の小片をそれぞれ一枚つける。
メシベは薄い白緑でオシベの葯はクリーム色。

葉・托葉と茎の様子

シロヤマブキ 葉 シロヤマブキ 茎
シロヤマブキ 托葉 葉も枝も対生する。上面が天を向くように曲がっている。ヤマブキと似たような重鋸歯の葉は、斜めにほとんど並行して出る多数の側脈で皺深い。
葉裏は毛が密生。
托葉は一枚に1対あり、披針形から線形、対生葉なので4本かたまって見える。

果実の様子

シロヤマブキ 果実 シロヤマブキ 果実 ごろんとした大抵は艶のある漆黒の4分果。寄り添う方向にやや偏心する卵体?倒卵体で長さ7mmから8mm。花柱が生えていた部分は強い窪みになり、それより寄り添う側では強い溝があり外側は弱い窪み。


花確認:
2009(F4)
2010(F4)
2011(F3)
2013(F4)
実確認:
2009(C4)
2010(C4)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。