まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

クサイ

クサイ トップ
イグサ科
イグサ属
Juncus tenuis Willd.

花は花被片が平開し6mm程度。草丈は30cm程度。
根元付近に数枚の、茎を鞘状に包んだ細い線形の葉が生える。
花序の基点で4から5枚の線形の苞葉が輪生ではないがかなりまとまってつく。うち2枚と言うか2本は長く、6cmから10cm程度、特に長いと15cm程度。残りの2から3本の小さいものは1.5cmから3cmで、それぞれの長さはまちまち。そこから4から5本程度の軸が伸び、それぞれの軸は1.5cmから3cm程度のところで二股に別れ、それぞれの先にほぼ1列に内側に、3から4花並んだ小花序がつく。長さ1cm程度。
場所によっては1花だけのものもあり、柄が長く見え、様子が違って見える。
この柄はねじねじとよじれているようで、波状に曲がっている。
また、二股の基部からも1花(か2花)だけの小花序がつく。

全体の様子と花の拡大

クサイ 全景 クサイ 花 クサイ 花
クサイ 花 薄暗い林縁の草地等によく見られる。
3mmから3.2mm程度の長楕円で先の細い片が6枚(内3、外3)あり、白い縁で、更にその外側に透明の縁がある。
柱頭は捩れている模様。
オシベは6本で片と同じ位置。1.5mmから2mm程度。
花被片に乗っているのは零れた花粉。

受粉して膨らんだ子房の様子

クサイ 果実 クサイ 果実 クサイ 果実・種子
受粉して膨らんだもの。この頃には黄土色。
受粉後は、子房が膨らむまでは片は閉じていて、先端の角度が30度以下という細い円錐状。蕾と変わらない。
外側には1mm程度の更に小さな片が2枚だけ(1つはもしかしたら何かが剥がれたものかもしれない)付いている。
その下の方から、0.5mm程、半透明の膜で包まれている。
子房も含めすべて無毛でつやがある。
膨らんだ子房は強いつやがあり長さ3mm、径2mm程度。

ひとつの小花序と全体の基部部分

クサイ 花序 クサイ 花序 花序の基部で葉は鞘状に茎を包み、上部に透明の膜がある。

全草の様子と根元の葉の基部

クサイ クサイ 根元付近の葉の内側に先端が三角形の半透明の短い葉状のものも1対ついている。


花確認:
2007(F6)
2008(F6)
2009(F5)
実確認:
2007(C6)(C7)(C8)
2008(C7)(C8)(C9)
2009(C6)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。