まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ウマノミツバ

Sanicula chinensis Bunge

花は1.2mmから1.5mm程度のものが複散花序につく。ひとつの小散形花序は1cm程度と小さい。また、「複」といっても大抵2か3程度にしか分かれていない。
草丈は40cmから60cm程度でひょろっと長い。
根生葉は葉柄がかなり長く、5深裂葉。葉はつやが強い。

花の拡大

ウマノミツバ 雌花 ウマノミツバ 両性花 文献を見ると「両性花と雄花がある」とされるが、両性花と、雌花と、雄花を確認。(雄花は今のところ、咲いた形を見てはいないが存在は確認。)
左は咲き始めの雌花と受粉後膨らんでいる雌花。右は両性花(と開花前の雄花)。
オシベは長く葯も大きい。葯はやや赤紫に染まる。花糸は萼と同じ位置にある。
※右の写真の中央下にあるものは、萼の位置に花糸が伸び葯が膨らむ前のオシベが見えているので、一応、開花前の雄花と思われる。(花柱がない。)

下部の葉と上部の葉

ウマノミツバ 下部の葉 ウマノミツバ 上部の葉 根生葉から下部までは葉柄が長く、葉身は5裂する。花期の頃には大きくなり、葉身は10cm程度ある。
上部ではほとんどが無柄。3深裂し、中央の裂片は更に3浅裂しているものもある。つやが強く、しわ(脈のくぼみ)が強く、めりはりがある。基部の褐色?紫の点状の小さな染まりはポイント。
鋸歯は重鋸歯で、先端は鋭い針状の形状の突起になる。(棘ではないので硬くはない。)

茎、葉柄基部の様子

ウマノミツバ 茎・葉柄基部 ウマノミツバ 幼生期葉柄基部 無毛。中部あたりまでは褐色や紫が目立つが上に行くほど段々薄くなり緑になる。縦に筋状に染まっている。なお、写真では詰まっているので分かりづらいが葉は互生。
葉柄の基部側両サイドには四角状の縮れた薄いひれのようなものが2cm程度ある。幼生期にももちろんあり、結構目立つ。

果実の様子

ウマノミツバ 果実 ウマノミツバ 果実 ウマノミツバ 果実 鉤状に曲がった棘様の毛が密に生えた卵形の子房が熟すと二つに割れて、ウスバカゲロウの幼虫のアリジゴクのよう。ひっかかりがいい。長さ4mmから5mm×幅3mmから3.5mm程度。厚さ2mmから2.5mm程度。

幼生期の様子

ウマノミツバ 芽生え ウマノミツバ 幼生期1 ウマノミツバ 幼生期2 左端は芽出し後わりとすぐの様子。幼生期で2cmから3cmの葉でも、形状、しわ、光沢、基部の紫の染まりで、それとわかる。


花確認:
2007(F6)(F7)
2009(F7)(F8)
実確認:
2007(C7)(C8)(C9)(C10)(C11)(C12)
2008(C1)(C2)(C3)(C7)
2009(C7)(C8)

宮城県版のウマノミツバ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。