まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

オトギリソウ

オトギリソウ 全景
オトギリソウ科
オトギリソウ属
Hypericum erectum Thunb.

花は1.2cmから1.8cm程度で大抵中間の1.5cm程度。草丈は20cmから40cm程度。
葉はきれいに十字対生するため、周囲の草と比べると結構異質。
花弁や萼には黒点や黒線、葉には黒点が入る。
どちらも構造上の表側になっている方に存在。
葉や茎は下から徐々に赤紫に染まっていっている。
葉腋からしっかり斜上する枝を出し、その後、先で花序の枝2本と単花をつける小花柄とに分かれる。
数回繰り返す。
分岐部分にはそれぞれ1対の、葉よりはやや細い苞葉がつく。
朝咲いて昼過ぎには既に萎んでいる場合が普通。

直射日光下のやたら明るい場所に咲いていると、カメラでは黄色く飛ぶので撮影しづらかったりする。

蕾・展開中・花後・花序の様子

オトギリソウ 蕾 オトギリソウ 開花中 オトギリソウ 花 黒点・黒線は構造上表に相当する側に存在する。コピー機で刷ったトナー部分のようにはっきり盛り上がっている。
黒点の並びに、朱色の筋点も多少ある。
花後の花弁は彩度の低い煤けたオレンジ系の色に変わる。
萼は葉と似たような、丸みのある細長い披針形で、先端の丸みは葉よりやや強い。

花の拡大とメシベ・オシベの拡大

オトギリソウ 花拡大 オトギリソウ 花さらに拡大 メシベは卵形の子房部から細い3本の花柱を斜めに伸ばす。
柱頭は赤い。
オシベは周りを取り巻き、40本弱ある。
オシベ先端の半葯同士の隙間(葯隔)には、黒点がひとつだけ入る
先端側か基部側かは特に一定はしていない。

葉と葉裏・茎の様子

オトギリソウ 葉 オトギリソウ 葉裏 葉は十字対生し、形状は狭卵形から披針形で先端は丸くなり、基部は心形で茎を抱く。全縁。
葉にも黒点は密にあるが、表には黒点はあまりない。(※透けて見えているが。)
葉裏の脈の隙間に点在し、また、葉縁にはそれより高密度に存在する。
花弁や萼と異なり黒線はない
茎には黒点はほぼない。まれに見られる程度。無毛で葉裏同様少し白っぽいマットな質感。

花後から果実へ

オトギリソウ 果実へ 果実は朔果。
花弁は花後に閉じて窄まり捩れて子房を包んでいる。
卵形の子房が膨らむと破れて剥がれていき、中の茶色いつやのある子房(朔果)が見えてくる。
それにしても、蕾時期と実の前の時期は状態の都合上かなり黒点と黒線が目立つので、アップで見るとちょっと気持ち悪い。


花確認:
2007(F6)(F7)(F8)(F9)
2008(F8)
2011(F7)
2012(F8)
実確認:
2007(C6)(C7)(C8)(C9)
2011(C8)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。