まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

オオニワゼキショウ

オオニワゼキショウ トップ
アヤメ科
ニワゼキショウ属
学名未確定の種

花は1cmから1.2cm程度、草丈は15cmから25cm程度、ニワゼキショウより花が小さく草丈は高い
ひょろひょろしているというか直立性は低めで、くねくね節毎に曲がっていたり倒れ気味に育っている個体が結構多い。(割合的に。)
上部で多少分岐する。一箇所の花数は1から6花。
花全体の紫はどちらかというと赤系ではなく青系で、のっぺり全体的に色が乗っていて白にはなっておらず、縦の筋模様もニワゼキショウのようなはっきりした筋模様には見えない。(一応模様にはなっているが。)
喉手前の六角形の紫のリング状の色の濃い部分も、淡く狭くまた境界もじわっと滲んでいて、ニワゼキショウのようにはっきりとした濃い帯にはなっていない。この部分の色も赤紫ではなく紫。
特に裏側を見た場合の差はかなり顕著。
和名には、ニワゼキショウより花が小さいのでどうしても違和感があるものの、背丈と果実の大きさはニワゼキショウより大きいので、半分納得しておくことに。

ひょろひょろして全景は撮りづらい上、微風でもずっと揺れていて、しかも草むらに紛れて花茎や葉が分かりづらい。

全景の様子

オオニワゼキショウ 全景 オオニワゼキショウ 全景 茎にはブレードのような苞葉があるのだが、茎に張り付くように上に伸びていて目立たない。

花・側面

オオニワゼキショウ 花 オオニワゼキショウ 花 オオニワゼキショウ 花 3枚の内花被片と3枚の外花被片の差はニワゼキショウよりややはっきりしている。ニワゼキショウは6枚とも同じような感じ。
花被片の裏側(外側)では筋がほとんどなく全体がのっぺり染まっているのがはっきり分かる。
紫のリングが狭く薄い。また、花の基部の黄色と紫のストライプ部分でも紫が少なめ。

(参考)ニワゼキショウの花・側面

ニワゼキショウ 花 ニワゼキショウ 花 こちらはニワゼキショウ(赤紫ではない方)の花。比較用に掲載。裏側(外側)を見ると筋が強く出ているのがよく分かる。全体の紫の色味も赤みが強い。

茎と苞葉

オオニワゼキショウ 茎 オオニワゼキショウ 苞葉 オオニワゼキショウ 苞葉の縁 茎は扁平な菱形で、上から1/3程度の位置で広線形で対生する4cmから6cm程度の苞葉をつける。葉は根元につく。
苞葉の縁は微細な突起がぷつぷつとある。

果実の様子

オオニワゼキショウ 果実 オオニワゼキショウ 果実 オオニワゼキショウ 果実 ほぼ球形だがニワゼキショウよりはややいびつ。基部と先端をつなぐ6本のはっきりした筋模様と、中途半端な位置から出て中途半端な位置につながる薄い筋模様がある。
花と異なり果実の方はニワゼキショウ(3mmから4.5mm程度)より大きい。6mmから7mmで、一目で明らかに違う。
数字上は大差ないかもしれないが、実際に目にすれば一瞬でかなり違う。


花確認:
2007(F6)(F7)
2008(F5)(F7)(F8)
2011(F5)(F6)
実確認:
2007(C6)(C7)
2008(C7)(C8)
2011(C5)(C6)

宮城県版のニワゼキショウ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。