まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ヤブコウジ

ヤブコウジ
サクラソウ科 ヤブコウジ属
123456789101112

Ardisia japonica (Thunb.) Blume

花は8mmから1cm程度、丈は10cmから20cm程度。
非常に小さな地上部を持つがしっかりした丈夫な木本。しかも地上茎に反して地下ではけっこうなことになっていてそこらじゅうから地上茎を出しているらしい。掘ったことはないので分からないが。
詰まって輪生気味の対生の葉をつけ、葉腋に限らず各所から花柄を横ないし斜め下向きに出し、下向きに大抵2花ずつついている。
全体ではそれほど多くの花はつけず、多くても6花程度の模様。
花色は白とすべきか桃とすべきか迷うが一応白の方へ入れておいた。

実の時期はよいものの、花の時期は、丈が低い上に下向きに咲き、花を入れた全景が撮りづらい。

(昔からなんでサクラソウ科じゃないのかなぁ、とずっと思ってたので、APGⅢでこの科に入って個人的にすっきり。)

蕾と花序、花の様子

ヤブコウジ 蕾 ヤブコウジ 花 ヤブコウジ 花 オレンジと赤の斑点と線が目立つ。小花柄から萼は白っぽく薄い色ベースに紅色に染まり、花と一体化した感じ。
よく見ると毛が結構生えている。
花柄から小花柄が出る節部分は黄緑で、線形の赤茶色の苞葉が2枚ついている。
花冠は5裂してぬめっと艶っぽい。裂片は単純な長い三角状で中央にわずかに透明に近い脈が1本見える。内側基部の方(まだ裂けていない位置)には腺毛状で先端が半透明オレンジの突起物が密生している。滑り止めか?
オシベは花糸と葯の境で内に曲がりくの字状に花柱を抱く。花柱の方が長いため突き出ているが、曲がった部分が押されて延びれば届く距離。

全体の様子と地上茎

ヤブコウジ 全景 ヤブコウジ 茎 数段の輪生気味に詰まったものの多い対生で光沢が強い葉が、多くは6から10枚程度つき、地上茎は横か斜めに出て下部で上向きになる。
茎は最初の葉のつく位置から上では若干緑味がある。
葉は6cmから8cm程度で1.5cm程度の葉柄があり、葉身は広倒披針形から少し丸みが出たものでは倒狭卵形。縁は目立つやや外向きの鋸歯があり、葉質は結構堅め。

果実の様子

ヤブコウジ 果実 ヤブコウジ 果実 ヤブコウジ 果実 つやつやして見事に赤い美しい果実。リンゴ形の形状もかわいらしい。
葉は鈍い肉色等に変わってそのうち落ちるが、わりと長く緑のまま残るものも多い。
右はどうやら虫えいとなったもの。タマバエ類に産卵されたものか。不明。(4月)

2007年秋の果実

ヤブコウジ 青い果実 ヤブコウジ 赤くなった果実 左は10月末、右は11月末、同一個体の同一果実を写したもの。(写した方向が異なるが。)
まったく赤みのなかったサイズは完全な状態から一ヶ月で、完全に真っ赤に変わった。


花確認:
2007(F6)(F7)
2009(F7)
実確認:
2006(C12)
2007(C1)(C10)(C11)(C12)
2009(C10)(C11)
2013(C12)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。