まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ミゾコウジュ

ミゾコウジュ トップ
シソ科
アキギリ属
Salvia plebeia R.Br.

花は下唇の幅で2mmから2.5mm程度、長さは萼から突き出ている分で上唇の先端までで5mm程度。草丈は15cmから50cm程度、たまに80cm程度。
茎も花序も脇から枝を狭い角度で出して3方に分かれそれぞれよく伸びる。葉が小さいこともあり、全体にかなり細身。
全草、結構短毛が密だが目立たない。
薄めの青味のある紫の花と黄緑から赤紫に染まる萼との紫系の異なる二色のコントラストが絶妙なのだが、花が小さく全景を撮ると花はほとんど分からない状態になる。また、同時に咲いている花数はそれほど多くない。

全草の様子

ミゾコウジュ 全景 ミゾコウジュ 全景 ミゾコウジュ 全景 ミゾコウジュ 全景
ミゾコウジュ 全景 小さくてそれそのものは地味な花だが、他の部位との色の違いで引き立てられてかなりきれいになる。
花よりも赤紫の花序・萼がかなり目立つ。

花序と花・萼の様子

ミゾコウジュ 花序 ミゾコウジュ 花序 ミゾコウジュ 花 ミゾコウジュ 花
片側3花程度で対生しているので6花程度が段々につき一見輪生状
花序軸、萼、花冠外側は短毛で毛深い。肉眼では分かりにくいが。
ミゾコウジュ 花 ミゾコウジュ 萼
ミゾコウジュ 萼 花は小さいが綺麗な模様がある。萼等と比べれば結構薄い色に見えるが、花冠だけで見るとしっかりした色味がある。
上唇は一見こん棒状に突き出たような感じで、よく見ると下側は縁が巻いて丸まっているだけで、この中にオシベの半葯とメシベがくるまれている。
通常残りは下唇だが、この花の場合、側片と下唇とに完全に分かれた感じ。下唇は広く短く、先端縁が青紫にしっかり染まりそれ以外はほぼ白で、いびつな濃い目の斑点が数個横並びになっている。
側片も短く、下側がやや広い程度。
台形にぽっかり空いた口の中を覗くと、下唇からサイドに沿って上に2本の太いオシベ花糸が上前方に伸びていて、それぞれその先に長い弓状の葯隔を縦につけていて、このうち上側の先端にのみ機能する半葯をつけている。これは上唇の中にくるまれていて、見えない。下側は機能せず薄く細いバチのような形状でぶら下がっている。独特な葯隔の形状の都合で、ここをつつくと花粉の出る半葯からメシベ柱頭に花粉がつく。ペダルというかスイッチというか…。絶妙だと思う。
萼の形状は上下に裂け上は1片、下は2片になる。特に上の片の造形は面白い。毛深い。
萼の長さは4mm程度。

ミゾコウジュ 花 ミゾコウジュ 花 こちらは萼が染まっていない個体。やはり染まってこそ引き立つ、と感じる。
2007年は紫味が少なくこの色で結実してその後茶色く枯れるものが多かった。
同じ場所なので日照や水の都合なのかもしれないが、2007年に台風が直撃して地形も一部変わっているくらいなので土壌の質が大きく変わっている可能性もあり、要因は確定できない。

葉と茎の様子

ミゾコウジュ 葉 ミゾコウジュ 葉 ミゾコウジュ 茎
葉は長楕円で縁は鋸歯、というよりかまぼこ状にぽこぽこしているものが多い。一応、顕著。
表面は脈の窪みが目立ちしわが深く、点状突起に近い短毛が生える。また、縁にも毛が生えている。
上部の小さな葉では基部はぱっと見無柄のように見えるが、一旦葉身が窪んだ後、葉柄が翼状に続いているような感じ。下部では葉柄部分が長めで目立つ。
葉はバランス的には小さいものが多く2cmから2.5cm程度のものが多い。大株で元気のよいものでは6cm程度ある場合もあるがやはりシルエットバランス的には小さい。
茎は四角で、開出気味で下向きの白い屈曲した短毛が密生。ざらざらする。
右の写真には花序内の苞葉も写っている。

果実期の萼と分果の様子

ミゾコウジュ 花後の萼(ある意味果実) ミゾコウジュ 分果 花後も萼は大きくならない模様。分果は球ではなく楕円で重心が先端側。基部側がやや細い。
長さは0.8mmから0.9mm程度。
色が濃く、わりとつやがある。

冬場の張りつき気味の状態

ミゾコウジュ 幼生株の葉 越冬する。ロゼットがやや崩れた感じにも見えるが、十字対生で横や斜めから見ると対生毎の節間がはっきりあるのが確認でき、この後段々と間隔は広がる。(ので、少なくとも最下以外は根生葉ではない模様。)
多数の脈で仕切られたブロックがぼこぼこ盛り上がる。


花確認:
2007(F6)(F7)
2008(F5)
2011(F6)
実確認:
2007(C6)(C7)

宮城県版のアキギリ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。