まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

チダケサシ

チダケサシ 全景
ユキノシタ科
チダケサシ属
Astilbe microphylla Knoll

花は6mm程度、花序は10cmから15cm程度、小花序は4cmから5cm程度、草丈は40cmから60cm程度。
花茎はほとんど分枝しない。
茎も葉もかなり毛深い
葉は基本的に二回羽状複葉
長い円錐状で穂状(※)の小花序を多くつける。
※枝分かれしたそれぞれの小花序内では、基部に近い側では更に枝分かれして3花セットで咲くものが多い。

小花序(蕾)と花の様子
チダケサシ 蕾 チダケサシ 花 チダケサシ 花 花序の方では短毛で、腺毛ばかり。かなり密に生える。
花は基部側が白い薄桃色の花弁で、花柱は基部がクリーム色で先端は二股、桃色に染まる。
開花始めではかなり白い薄桃色の葯は、展開して花糸が伸びた頃には赤紫と紫になり、白い花粉があふれてくる。
オシベは10。
花は白いものもある。特に日のあたらない場所では、白花が多い。また、同じ株内でも日が当たらない場所では染まりが悪い。

葉と花茎の様子
チダケサシ 葉 チダケサシ 花茎節部 チダケサシ 花茎 二回羽状複葉だが、部分的に三回のところもある。
葉の表面にも白い毛が目立つ。
小葉の縁は不正で鋭くかつ重鋸歯。
花茎にはガラス繊維のような透明の長毛が密生する。腺毛も多少生える。
小葉柄や葉柄の基部は、基部まで裂けた細く薄い托葉のようなものが取り巻く。
節の上側は赤く染まる。

伸びてきた花茎とその先端の様子
チダケサシ 若い花茎 チダケサシ 若い花茎 花の二週前には花茎すらまったくなかったのだが。一週間で急に生えて伸びてきて、その一週間後には花が咲いた。


花確認:
2007(F7)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。