まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ヨモギ

ヨモギ トップ
キク科
ヨモギ属
Artemisia indica Willd. var. maximowiczii (Nakai) H.Hara

あまり開出しない長細い円錐花序で頭花の径は2.5mmから3mm程度、長さは5mmから6mm程度。
草丈は花期で60cmから150cm程度。場所によっては2m程度。1m前後が多い。
茎や葉裏は毛が多い。風媒花でブタクサと並びキク科花粉症の原因のひとつなので、秋の花期、辛い人にはかなり辛い。
昔から「もち草」と呼ばれてヨモギ餅(草餅)等に利用されてきたが、現在は国産のヨモギではなくほとんどが中国等からの輸入らしい。とはいえ、今も空き地の片隅や某小川の土手でよもぎ摘みをする人はわりと見かける。
葉をもんだりすると独特の匂いがする。好き嫌いはかなり極端に分かれるだろうが私は好きだったりする。
くも毛だらけで見た目でとてもよく燃えそう。
葉腋から分枝、及び花序を伸ばす。
地下茎でも殖えるようで、密集した群落を作っている場合が多い。
なお、発芽抑制物質を作り出し他の植物へ影響を与えるとされるが、あまり詳細な情報は見つからず、実際どの種の植物に対しどの程度効果があるのかや、どのステージに発生しているのか、常に発生しているのか、等、よくわからない。
(こういった作用は自分の種子にもある程度影響を与えるらしいが。まぁ、地下茎で自分そのものを繁殖させつつ、自分の子孫はそばには育たせない、ということか?)
ちなみにこの作用は「アレロパシー」と呼ばれる。

全景の様子

ヨモギ 全景 ヨモギ 全景 ヨモギ 全景 株が大きくパーツ自体は細かいため、背景がすっきりしていないとコンパクトカメラでは被写界深度が極端に深いため背景に埋もれてよく分からなくなる。

花序周辺・頭花の様子

ヨモギ 花序周辺 ヨモギ 花序 ヨモギ 花序 ヨモギ 頭花
ヨモギ 頭花 ヨモギ 花 枝の先は外方向にやや丸く垂れている。
頭花の『蕾』は米粒のよう。総苞は緑色でまばらで、2段だけ。毛が多い。
頭花は筒状花のみでなり、先端に覗く筒状花の花冠は赤紫(たまに最初から褐色)で花柱は半透明で黄緑?黄褐色、二裂して飛び出ている。
頭花は下向きに咲く、地味な花だが赤紫は鮮やか。

葉と茎の様子

ヨモギ 葉 ヨモギ 葉 ヨモギ 葉
葉は互生し、羽状深裂する。更にその裂片が浅裂するものが基本的に多いようだが、単純な羽状深裂しかしない裂片の細いもの(ヒメヨモギ風の裂け方)や、羽状深裂の裂片が少なく中央の裂片だけ数裂するオトコヨモギのような形態のものも見られる。
片は3対が多い。
葉の中央脈や茎が赤紫に染まるものも多いが、必ずというものでもない。
葉柄の基部には仮托葉と呼ばれる葉状のものがつく。
茎には白いくも毛状の毛がよく生えるが、少なめで他の種と見間違うものもある。
個体差は大きい。(特に上部で少なくなっている場合が割とある。)
葉裏は密にマット状に白いくも毛が生え、全体が白い

花確認:
2007(F7)(F8)(F9)(F10)(F11)
2008(F9)
2010(F10)(F11)

宮城県版のヨモギ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。