まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

オオバノトンボソウ

オオバノトンボソウ 全草
ラン科
ツレサギソウ属
Platanthera minor (Miq.) Rchb.f.

花は、トンボの羽に相当するであろう側萼片での幅は1cmから1.3cm程度、草丈は20cmから30cm程度。
直垂状の長三角の唇弁はある程度白いものの他はほとんど緑で地味だが、 トンボと見れば、数も居てにぎやかな感じ。
下部の大きな葉が2枚か3枚あり、茎の翼状に発達した稜が顕著
ノヤマトンボとも。
林、というか森と呼ばれている狭い場所にて。林道縁。

花の拡大

オオバノトンボソウ 花 オオバノトンボソウ 花 オオバノトンボソウ 花 小さな半球状で頭のような部分は3枚で構成され、左右に側花弁、上に背萼片。どれもほとんど緑なので萼か花弁かの差は色的にはない。
横に大きく開いて若干鎌状に持ち上がっている羽状のものは側萼片。下に垂れている長い三角のものが唇弁で、もっとも白い。先端側は緑が残る。
縁はがたがた。
後方に径1.2mm程度で1.5cm程度の長い距が伸びる。これが尻尾か。
花は長三角の苞葉の上に、9mmから1cm程度の捩れた子房の先につく。子房は若干色が薄く薄黄緑。

苞葉と花序・蕾の様子

オオバノトンボソウ 苞葉 オオバノトンボソウ 花序 苞葉の縁には白っぽい半透明の先の丸い突起が密生する。子房の捩れた稜には、これより少し大きくより白い丸っこい突起が、より密に間隔をあけずつく。中に大きな突起もあり、これは目を凝らせば目だって見える。
(子房に穴が見える。この子房は残念ながら虫に入られたらしい。)
蕾は長卵球形でかわいらしい。
苞葉の中央の折れ目はそのまま下に茎の稜として翼状に強く出て続く。これが非常に目立つ点は大きな特徴。
これが大量で顕著に目立ち、もはや茎本体はよくわからない。
稜は他のものとつながりながらずっと下まで続く。

の様子

オオバノトンボソウ 葉 葉は互生。
基部は茎を完全に抱いて逆側で閉じる形状。
最下部の葉は長楕円で等幅の部分があり大きく目立つ。8cmから10cmある。
その上からの葉は細い三角状で次第に小さくなり鱗片葉。
茎が出てくる前は、最下部の葉が一枚だけ地面にべたっと張り付いていて面白い。

花後の様子

オオバノトンボソウ 花後 かわいらしいトンボも、萎びて濃い茶色。こうなると無残か。


花確認:
2007(F7)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。