まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ギョウギシバ

ギョウギシバ
イネ科
ギョウギシバ属
Cynodon dactylon (L.) Pers.

6cmから15cm程度(10cm程度が多い)の花茎の先端で散形状というか放射状に穂が3から6本平開、 各穂は3cmから5cm程度。
花茎以外は地面にべたっと張り付き這い性が強い。頻繁に分枝しびっしりと地面に拡がる。
葉のつく茎には、立ち上がるものがある程度混じる。(少ない。)
葉は青白い灰緑。

穂と小穂(花)の様子
ギョウギシバ ギョウギシバ ギョウギシバ 穂の展開前。この状態で既にオシベ葯・メシベ柱頭が見事に咲いている。
展開後には葯や柱頭はだいぶまばらになっている。
葯は黄色(※徐々に赤紫に染まる)で、柱頭は赤紫。非常に小さくほとんど分からないが結構派手。
各穂の出る基部は褐色で、毛が生えている。
ひとつの小穂は扁平な卵形。

葉と茎の様子
ギョウギシバ ギョウギシバ 茎というか走出枝というか。大抵、赤い。
そこからところどころ突き出す、葉のつく茎は節部以外黄緑がほとんど。
葉は線形だがシバと比べてだいぶ幅広く、ずんぐりしている。
羽状になるが対生はせず不整な互生状。
花茎には小さい茎葉がわずかにつく。(1か2程度。)
基部は白っぽい頚帯(葉と葉鞘の境部)が三角形状でくしゃくしゃとなり、葉鞘上部縁には白い長毛が生える。


花確認:
2007(F6)(F7)
2008(F5)(F8)(F9)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。