まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ハナヤエムグラ

ハナヤエムグラ 全景
アカネ科
ハナヤエムグラ属
Sherardia arvensis L.

花は2.3mmから2.8mm程度、草丈は5cmから8cm程度だが、地を這って途中から持ち上がっての丈で、長さ自体は15cm程度ある。
下部は放射状によく分枝しながら地を這って蔓延っている。段々湾曲斜上し、先端の方は直立している。
ハナとつくが、色が黄緑でないだけで、大きくて華やかなわけではない。結局色がいくらピンクでもあまり目立たない。
(※1mmちょっとのヤエムグラと比べればだいぶ大きいとも言えるが。)

何年か前に交差点脇の空き地を地均しして砂利入れをした場所で急に生えてきたもので、他には見られない。ここで年々殖えている。
(→その後、とあるショップができるために工事しまた別の土が入った上にアスファルト舗装をされ、一応消滅。ただし、多分近辺各所へ流れた零れ種からまた生えてくるだろう。)

全景

ハナヤエムグラ 全景 ハナヤエムグラ 全景 よく蔓延った様子。
葉腋から5mmから8mm程度の花序を出し先端に輪生状で一見葉と同型の総苞葉をつけ、無柄の花を数花まとめてつける。

花と蕾の拡大

ハナヤエムグラ 花と蕾 ハナヤエムグラ 花 ハナヤエムグラ 花 葉のような総苞葉に埋もれるように数花ずつ咲く(中央の写真で、右下の二花と左上の三花は別の花序。)。
蕾は初めは薄い黄緑だが段々とピンクに染まる。
花は先端が4裂する筒状で、ヤエムグラ等と比べると筒部は異様に細く長い。横から見るとかなり花が飛び出ているのが分かる。4mmから5mm程度もある。
逆に小花柄はほとんどなく、少なくとも、見えない。
花冠裂片は細身の長楕円。
メシベは長く突き出て二つに分かれる。
オシベは最初花冠の裂けた部分からやや出る程度で短いが、段々伸びて花冠の裂片部分に巻いていく。
小豆色の葯から白い花粉が出ている。

葉と茎と総苞葉の様子

ハナヤエムグラ 葉 ハナヤエムグラ 茎 ハナヤエムグラ 葉と茎 6枚を基本に5から7程度で輪生する。
1枚8mmから1.5cm程度。きれいな輪生をせず、一箇所だけ、広く開いている。
ぼってりした披針形か倒披針形、もしくは中央に重心がある。
表面に長くて白い開出軟毛が散生し、若い時期に目立つ。縁には棘状でやや前を向いた毛が生える。
縁が棘毛と連続するように半透明状だが、肉眼ではほとんど分からない。この性質は総苞葉の方が顕著な印象。
茎は稜があり、開出気味でほんの少し下向きの白い短毛が密生
渋赤紫と黄土色にやや染まる。
花序の枝では若い時期に総苞葉が二つ折りにたたまれていて何だか面白い。(右の写真で上に向いて出ているもの。)

果実と総苞葉の様子

ハナヤエムグラ 若い果実 子房は段々膨らみ黄色っぽい彩度の低い薄黄緑になる。まだ萎れてくしゃくしゃの花冠がかろうじてくっついている。

ハナヤエムグラ 果実 ハナヤエムグラ 果実 ハナヤエムグラ 果実・総苞葉
ハナヤエムグラ 総苞葉 果実は卵を二つ横に押し付けてくっつけたような形状。
上から見ると柱頭の跡が中央に見える。各分果には3稜あり、先端は緑で角のように突き出ている(萼片)。それにしても、上面の模様が面白い。
形状としては棘状(※軟らかい。)の、上向きの毛が密生。
稜を残し赤茶色に染まってきている。
総苞葉は裏から見るとよく分かるのだが基部がぷりっとしていて、その周辺の長さ1/4程度の範囲が半透明で色味がない。見ている限りは6から8枚が普通の模様。
また、縁が棘毛と連続するように半透明状。とはいえ、肉眼ではほとんどそのような印象はない。

分果とその中身の種子のようす

ハナヤエムグラ 果実 ハナヤエムグラ 種子 稜の代わりに二重の緑の筋になっている部分は、接合していた部分。種子もこの部分は弱い舟状に窪んでいる。種子は無毛、赤褐色で皺状に筋のように多少窪みがある。堅い。実から想像できるものたが、球形ではない。

幼生株の様子

ハナヤエムグラ 幼生株 幼生期からヤエムグラとは葉形が異なる。ヤエムグラの先端は円頭に棘があるような極端な状態。


花確認:
2007(F6)(F7)
2008(F5)(F6)
2009(F4)
2011(F5)(F6)
実確認:
2007(C7)
2008(C6)
2009(C4)

宮城県版のハナヤエムグラ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。