まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

イヌゴマ

イヌゴマ トップ
シソ科
イヌゴマ属
Stachys aspera Michx. var. hispidula (Regel) Vorosch.

花は幅8mmから1cm程度、長さ1.3cmから1.5cm程度と大きく、色も色なので草薮で随分目立つ。
茎頂で輪生花序が段々になっている。
草丈は40cmから60cm程度が多く、たまに1.2m程度になる。質は丈夫だがややくねくねしながら直立し、葉はかなり丈夫でごつい。しわも無骨。対生し細くほぼ等幅の硬い葉は横に突き出している。気にしなければ気づかないかもしれないが、はっきりとした葉柄がある。節間は8cm程度と結構間延びしているため全体にひょろっとしたシルエット。
大型河川の高水敷であまり手の入らない場所にのみシロネと一緒に生えている。この群落の個体群では、渋い赤紫が強めで花色もかなり濃い目で無骨

全景と若い株の様子

イヌゴマ 全景 イヌゴマ 若い株 イヌゴマ 全景 花が着き始める最下の葉(苞葉)は、葉が上部に行くに従って小さくなっている程度のそれなりの大きさになっているが、それより上の苞葉は急激に小さくなっている。

花序の様子・花の拡大・蕾の様子

イヌゴマ 花序 イヌゴマ 花 イヌゴマ 花 6から10花程度の輪生花序が段々につき、徐々に花序間が間延びする。各花序内で同時に咲いているのは8割程度になっているものが多い。

イヌゴマ 花 イヌゴマ 花 イヌゴマ 萼
上唇は結構大きく、ぴんと斜上していて先端は浅めのドーム状。下唇の2/3程度の長さ。下唇は3裂して側裂片はやや前方に向かう角丸四角で小さめ、中央裂片は台形っぽい広卵形。下唇全体がやや盛り上がっているため、花を横から見ても模様がよく見えるようになっている。
オシベの葯は面白い形をしている。オシベの花糸は薄紫で先端側はかなり濃い。前にある(下にある)オシベの方が先熟するようで傷むのも早い。花糸の、花冠から飛び出ていない位置には開出する軟毛が密生している。
メシベはオシベより後ろ(上)にあるため、オシベが寄り添ってぴんと立っている頃にはあまり見えず、前側のオシベが少し傷んできた頃に前のオシベ、後ろのオシベともに対が左右によけて開いて、真ん中にできた隙間からメシベが前に少し倒れてきて柱頭が目立つようになっている。花柱・柱頭とも白く、柱頭はふたつに小さく割ける。
萼はきれいな星型で整っている。裂片は短く、筒部の半分程度の長さ。拡げると正三角形程度と少し広めな形状。裂片の辺は丸みがある。外側には、稜と縁に開出気味に斜上する毛が散生。
イヌゴマ 蕾 イヌゴマ 色々な時期の蕾 蕾の形が、ふわっと膨らんだ四角に脚が生えたようで面白い。上が上唇が被さっている状態で、「脚」は下唇の側裂片。

葉と茎の様子

イヌゴマ 葉 イヌゴマ 葉 イヌゴマ 葉 イヌゴマ 茎
葉は対生し、狭披針形から線状楕円形、葉縁は、両辺がやや丸っこくなった鋸歯になる。円鋸歯ではない。基部は心形。中部までは短いもののはっきりした葉柄がある。
裏面の主脈上は棘状になった硬めの毛が生える。それ以外は葉はほぼ無毛。
茎は四角で、稜状に棘状の下向きに伏した毛がまばらに散生する。
毛の基部は半透明のぷつっとした丸い突起になっている。
節部分は濃い紫褐色に染まり、白い毛が多い。


花確認:
2007(F7)
2009(F7)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。