まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

チドメグサ

チドメグサ 全景
セリ科
チドメグサ属
Hydrocotyle sibthorpioides Lam.

花は花序で2.5mm程度、草丈は1.5cm程度、 走出枝で地を這って殖え、べたっと蔓延る。
花柄や葉柄があまり長くないのでより這った感じが強い。
このあたりは、最近多いオオチドメと大きく異なる。

花の拡大
チドメグサ 花 花は葉と同程度の高さで目立たずに咲く。
拡大すると派手な色になっているのだが、普通に見ている分にはまったく気づかない。
一花序には多くて10花で、8花程度のものが多い。

葉と果実
チドメグサ 葉・果実 葉は9mmから1cm程度。
整った円形で、基部は重ならず、ちょうど閉じているかわずかに開いている
切れ込みはかなり浅い。大きな裂け目とその中の小さな裂け目の深さがあまり変わらない。
脈は表側に盛り上がっていて、表面は盛り上がりのせいででこぼこだが光沢は結構ある。(光沢はオオチドメほどではない。)
果実は扁平で広卵形に近い角丸四角状。


花確認:
2007(F6)(F7)
実確認:
2007(C6)(C7)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。