まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ヘビイチゴ

ヘビイチゴ トップ
バラ科 ヘビイチゴ属
123456789101112

Potentilla hebiichigo Yonek. et H.Ohashi
( Duchesnea chrysantha (Zoll. et Moritzi) Miq. )

径1cmから1.5cm程度の赤みの無い黄色の花をつける。結構先が立つことはあるが基本的に短く地べた付近で花を咲かせる。匍匐枝(ストロン)で地を這って広がるため、びっしり地面に絡みつく。
明るい草地から林の縁で結構暗めの場所まででよく蔓延るが林の中の方まで行くとさすがにあまり見ない。湿った場所にも乾燥した場所にも砂利地にも見られる。
やや似た種類にヤブヘビイチゴがあるが、副萼片の様子、葉の色と形、果実の様子、花弁の形状等、かなり各所に違いがありぱっと見た瞬間に区別できる。
(なお、和名に使われた「蛇苺」の名は中国ではヤブヘビイチゴの方の名前。)
葉は小葉が丸く、葉色は濃い緑ではなく大抵明るめの黄緑。小葉は2cmもない。

赤くなった種のような小さな痩果を多数つける膨れた果床を持つのは苺と同じような感じだが、かじってもごりっごりっと痩果が外れるだけで、かすかすでろくに味もなくおいしくはない。

なお、説を信じるかどうかの話になるが、何年か前からは、それまで分かれていたキジムシロ属(Potentilla)と統合されている。
それに伴いPotentilla hebiichigoなどというかなりみっともない学名がついている。(…非常に「残念」な感じが漂い、正直かなりセンスを疑う。)

ヤブヘビイチゴとの間にアイノコヘビイチゴという雑種を形成するが、8倍体のものには実はならないらしい。

全景

ヘビイチゴ 群落 ヘビイチゴ 全景 びっしりと地を埋め尽くす場合が多い。この写真はまだましな方。なお、花だけでなく葉色も明るい場合が多くわりと目立つ。

花の拡大

ヘビイチゴ 花 ヘビイチゴ 花 明るいレモンイエローでのっぺりしているのでコンパクトではたまに合焦しない場合も。しかもよく明るすぎて黄色が一色に飛ぶので、普段からA6等小型でもよいのでハードクリアファイル程度は持ち歩いているのがよい。(それか、サーキュラーPLフィルターを持っていると明るく撮っても色の差がある程度ちゃんと残る。)
花弁はハート形で広いので、とうもろこしの実を縦の伸ばしたような細い角丸逆台形のヤブヘビイチゴとはだいぶ異なる。ひらひらと質はかなり弱々しい。すぐ折れている。
なお、丸ごと黄色いかと思いきや裏面は白い。
三角状の萼片の他、切れ込みのある広い副萼片がその間にある。ヤブヘビイチゴほどは巨大ではないが、結構目立つ。

葉と托葉の様子

ヘビイチゴ 葉 ヘビイチゴ 托葉 葉は3出複葉だが、側小葉が2裂しかかったり完全に裂けて5小葉風になっているものが非常に多い。ほぼ完全な5出複葉になっているものもたまにだが見られる。
葉色は基本的に明るい黄緑だが濃い色合いのものでも黄色被りが強いので、ヤブヘビイチゴとだいぶ異なる。
托葉は一対で三角状卵形、縁は多少切れ込みがある程度で、特徴的な形態はしていない。

茎(匍匐枝)とその節からの発根

ヘビイチゴ 匍匐枝の節からの発根 ヘビイチゴ 走出枝 走出枝(ランナー)ではなく匍匐枝(ストロン)。つるのようなものを伸ばして先端で発根して若苗を作るのではなく、這っている茎で接地している各節部から発根していく。

果実の様子

ヘビイチゴ 若い果実 ヘビイチゴ だいぶ熟した果実 赤い偽果全体は球形で径6mmから8mm程度、果床が膨れていて、その周囲に多数つぶつぶ状の、エッジのややある少し偏平な卵体の痩果が無数につく。これが真っ赤。
左はたまたま花弁がないものだが、花弁が残っていてもすぐに赤くなっている。右は、相当熟しているもので、痩果が黒紫になり始めぽろぽろ取れ始めている。

ヘビイチゴ 果実 ヘビイチゴ 痩果と果床の拡大 ヘビイチゴ 果床
ヘビイチゴ 痩果と果皮が剥げて見えている種子 小さな粒(痩果)の表面はしわしわのように見える。ルーペで見るといくつもの突起。(ヤブヘビイチゴにはこれがないためすべすべした痩果になっている。)
果皮は薄く、剥げると明るめの灰褐色の種子が見えている。
膨れた果床部分は、赤い微細な点々が無数にある白緑から白で、痩果を落としてみると苺の表面と似た感じ。艶がある。(ただし、ルーペで見ないとそんなことは分からない。)
各痩果は下側で果床にくっついている。

ヘビイチゴ 熟した果実 ほぼ完熟。写真ではだいぶ赤みが強く写っているがかなりどす黒いのでちょっと気持ち悪いかも。
真っ赤な時期には痩果ひとつひとつにある突起の形態が分かりづらいが、これだけ渋い色になるとやや規則的で畝のようになっているのが分かるようになる。

幼生期の様子

ヘビイチゴ 幼生期 冬・早春に草原でちょこちょこ赤くなって目立っている。


花確認:
2006(F4)(F5)(F8)
2007(F3)(F4)(F5)
2008(F4)
2009(F4)
2010(F4)
2012(F4)
2013(F4)(F5)
実確認:
2006(C5)(C6)(C8)
2007(C3)(C4)(C5)
2008(C4)(C5)
2009(C5)
2010(C4)
2013(C5)

宮城県版のヘビイチゴ属
またはキジムシロ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。