まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ヌマトラノオ

ヌマトラノオ 全景
サクラソウ科 オカトラノオ属
123456789101112

Lysimachia fortunei Maxim.

花は6.5mmから8cm程度、草丈は40cmから60cm程度。
半湿地状の草地に生えていた。
穂状の花序はひょろひょろとしているもののほぼ直立し、垂れない。
各部は無毛。
よく蟻が群がっている。

花序・花の拡大・花後と苞葉

ヌマトラノオ 花序 ヌマトラノオ 花 ヌマトラノオ 花後 20cm程度の大型の花序を形成、ややくねくねと曲がってはいるが上に伸び下に垂れない。
花は花柄が開出してやや上に傾いて咲く。
花はぱっと見ただけでは離弁花に見えるが、近づいてよく見ると合弁花。緑の子房が目立つ。
3/4程度まで切れ込んだ卵形から広卵形の裂片はお互いにやや重なっている。花の内側には腺毛状の突起が密にある。
花柄には下側に小さな線形の苞葉がつくが、張り付いているものが多いため目立たない。

葉と茎の様子

ヌマトラノオ 葉 ヌマトラノオ 茎・葉 葉は倒披針形で基部はくさび形、互生し、葉柄はない。やや上向きに開出。
葉、茎とも無毛で、茎は黄褐色になっている。
茎は筋状に窪んでいる。


花確認:
2007(F7)(F8)
2008(F8)

宮城県版のオカトラノオ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。