まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

マヤラン

マヤラン 全景
ラン科 シュンラン属
123456789101112

Cymbidium macrorhizon Lindl.

花は外花被片での円径が3cm程度、花期の地上茎の草丈は10cmから20cm程度。
分かりやすい葉がつかず濃い赤紫で縁がやや透けた膜質に近い小さな鱗片葉が2から3程度張り付いただけの薄緑のひょろっとした花茎に2、3花程度をつける。ごくたまに花数が多いものもあるのだが、少ないのが普通。
近所ではキノコの多い湿った斜面林の上部の林で見られる。
クリーム系の地色に濃くはっきりした赤紫の模様が入る花は一見カラフルだが、枯れ葉・枯れ枝と土でごちゃごちゃした林床ではほとんど目立たない。
赤紫の染まりと位置が被るので分かりにくいが、花被片でも地色部分をよく見ると中央脈部分や先端側を中心に多少ながら緑色の色素を持っている模様。特に外花被片では色素が多いのではっきり緑と分かる個体も見られる。
菌類共生により栄養を得ている植物だが、茎や花被片、子房に多少の葉緑素を持っている模様。また、茎や果実は花後に緑色が強くなる。

赤紫の色素がなく緑色がより強めに見えるサガミラン類(サガミラン、サガミランモドキ)があるが、分類は微妙な状態。現状ではサガミランモドキのみが辛うじて形態(forma.、品種。)扱いになっている。ぷち図鑑内にも掲載があるのでこちらを参照。

全景の様子

マヤラン 蕾時期全景 マヤラン 全景 マヤラン 全景 この状態ではまだ蕾は堅いのだが、大抵は7日もするとすべて開花している。なお、この蕾の株はトップの写真の180度後ろ側から撮ったもの。

花の拡大・後姿

マヤラン 花 マヤラン 花と蕾 マヤラン 花の後ろ マヤラン 蕊柱
マヤラン 花正面 マヤラン 花唇弁 各花被片の先端付近はわずかに肥厚し、ごく短い刺状になっている。
外花被片(側萼片・背萼片)は三枚とも同程度の大きさで、かなり細長く、広線状倒披針形(比重が先端側)。中央には筋状にかすれた赤紫の帯になった模様がある。(この色が重なってしまうので分かりづらいが、丁度この部分の地には緑色の色素が多めのものも多い。)
内花被片三枚(側花弁と唇弁)は極端に開かずやや前方に立っている。側花弁の形状は長楕円状長卵形で基部は丸みが少ない。側花弁は外花被片と同様の帯状の染まりになることが多い。
唇弁は幅が広く左右が持ち上がってとい状、先端付近は下後方にカールするものも見られる。
半ばで両脇がやや切れ込むまたは窪んでいるので浅い三裂状、ただしまちまち。 中央やや奥には細長い二畝の膨らみがあり、それぞれの上側が触れ合っているのでちょうど丸いトンネルのようになる。
染まりは先端付近の卵形の大きな染まりとそれより奥の左右に分かれたやや斑状の帯状の染まりとに分かれている。個体毎に結構模様は異なる。
花柄のように見える細長い子房の下には濃い赤紫の小さな苞があり、上向きに張り付いている。(頂点の花の場合は二つつき、対生状になっている場合が多い。)
花期の子房は側萼片の1.2倍程度あり結構長いが、そもそも蕾時期から段々伸びながら最終的に果実になるのでタイミングは開花と一緒ではない。(稔らなくても長さは伸びる。)

弓状に前に倒れ幅が広く扁平でとい形のものは蕊柱で、ところどころに赤紫の染まりも見られる。先端は三裂している。濃い目の黄色いものは花粉塊を包む葯帽。

地上茎の下部(鱗片状の葉)・上部の、茎と花柄の境(苞)

マヤラン 花茎下部 マヤラン 苞葉 地下茎が長く這うらしい。掘るわけにも行かないので見たことはない。
地上部はやや横に出てもすぐに弓なりに急激に直上に変わる。
濃い赤紫の6mmから8mm程度の張り付いた鱗片葉が節のようになっていいアクセントになっている。
茎は褐色や白等ではなく一応薄い緑。
苞葉は中部の葉と同様。
これは花がひとつなので苞は1枚ではなく一対(2枚)になっている。

花後から果実へ

マヤラン 花後 マヤラン 果実 子房部が太くなってきている。
効率的な自家受粉をしているのか、結構多くのものが膨らんでいる。
右は2007年8月25日。周辺の地上茎のほぼすべてでこのような状態。また、これからの蕾の花茎も1本あった。

周辺

マヤラン 群生風 群生しているようだが、生え方からすると実際には地上茎が多いだけで一株・二株といったところかもしれない。

果実の拡大

マヤラン 果実 マヤラン 割けた果実 どんどん緑色は濃くなり明るい色で目立つようになる。枯れて傷んでいくと黒くなる。
左は12月のもので、右は2月のもの。蒴果が裂開した後の形も面白い。
なお、真冬にも蕾のついている新しい地上茎を確認できる。「年二回咲く」等、野山へ行かないと見られない(普段ちょこちょこ見られない)人は時期的なことを言う人が多いが、条件さえ合えば夏から冬に次々に別の地上茎が出てきてそれぞれのタイミングで咲いている。


花確認:
2007(F7)(F8)
2008(F8)
2010(F11)
2011(F1)
2014(F9)
実確認:
2007(C8)(C9)(C10)(C11)(C12)
2008(C1)(C8)
2009(C2)(C3)(C10)
2011(C1)
2014(C9)

宮城県版のシュンラン属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。