まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ヒメヤブラン

ヒメヤブラン 全景
ユリ科
ヤブラン属
Liriope minor (Maxim.) Makino

花は6mmから7mm程度、草丈は5cmから10cm程度。
根元から細く濃い緑で硬め・厚めの8cmから15cm程度の葉を多く出し、短い直立して出た花茎に数個の花をつける。
草地にまぎれて生えることが多く、あまり目立たない。
綺麗な薄紫の花色が心地よいと思う。
かなり濃いものから、ほとんど白に近い薄いものまである。
ランとつくがヤブランの仲間はユリ科。
ヤブランより野草っぽさが強いのでこちらの方が好み…。

全景の様子

ヒメヤブラン 全景

花の拡大

ヒメヤブラン 花 ヒメヤブラン 花 よく見るとペンキが剥げ落ちた感じに汚く色落ちしたりしているものがよく見られる。
表面がやや弱いのか?
メシベ花柱は大抵上方に湾曲オシベは花糸が上向いて下向く感じで弱いS字状、先端にある葯は花の中心よりやや下になる。

花茎の様子

ヒメヤブラン 花茎 中程か下部の方には鱗片状の葉片がつく。

果実期の様子

ヒメヤブラン 種子 ヒメヤブラン 種子 ジャノヒゲ等と同じで、果実期は種子が露出している。この黒いのは種子。5mmから6mm程度。
よく見るとひとつの花の部分に複数ついている。


花確認:
2007(F7)
2008(F7)(F8)
実確認:
2008(C1)(C2)

宮城県版のヤブラン属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。