まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

タケニグサ

タケニグサ 全景
ケシ科 タケニグサ属
123456789101112

Macleaya cordata (Willd.) R.Br.

花より目立つ蕾は長さ7mmから9mm程度、花は質素だが径で1.2cm程度。綿毛と見紛う。
草丈は80cmから2m程度。
独特の葉形でしかも大型、生えていると遠くからでも結構目立つ。
花は大量につくのだが地味で、純白で眩しい蕾の方が花よりよほど目立つ。
葉裏にマットのような毛がないものもあり、ケナシチャンパギク(Macleaya cordata (Willd.) R.Br. f. glabra H.Ohba)とされる。ただの形態(品種、forma。)に過ぎないので実際には連続的ではある。
なお、チャンパギクはタケニグサの別名。

全景の様子

タケニグサ 全景 タケニグサ 全景・花序 駐車場なんかでも放置されると巨大な株が育ったりする。

花序と蕾・花・花後の様子

タケニグサ 花序 タケニグサ 蕾 タケニグサ 花 タケニグサ 花後
蕾は白くて長く、先端側の方が太い。無毛。基部は赤紫。
花は遠目に綿毛のように見え、花ではなく果実のように見えるが、 一旦平開して途中で折れて上向きになるいくつも生えているのはオシベで、折れている部分は葯の基部。
花糸は白いがやたら長い葯が橙というか褐色なため、全体にくすんだ感じがする。
花柱は5mm程度で、先端に二玉に見える柱頭は赤紫
開花している花の花柄は6mm程度でほぼ花柱と同じ。
花後は花柱が鮮やかな橙になる。蕾も花後も、花より目立つとは。

葉の様子・葉裏

タケニグサ 葉 タケニグサ 葉裏 波状に深裂し、もう一度浅く波状。かなり独特で、面白い葉。長さは12cmから25cm程度。大型。
表面は無毛だが裏面はマットのように白い毛が密生、暑苦しい。
葉柄はかなり長い。
赤みのあるものもある。

茎の様子

タケニグサ 茎 茎は無毛だが粉を噴いた、というより更に微細な感じ、霜の降ったように白くなっている。つや消し。

果実の様子

タケニグサ 果実 薄っぺらい長楕円で、片面はほぼ平ら、もう一面はやや膨らんでいる。2cm程度。干し芋の表面のように粉っぽい。

ケナシチャンパギク

タケニグサ ケナシチャンパギク 葉裏 タケニグサ ケナシチャンパギク 葉裏 葉裏側で面部分にまで大量の毛があり白く暑苦しいのが普通のタケニグサだが、それとは別のピークとして、毛が少ない変異範囲群が見られる。
具体的には、葉柄の基部上面左右にのみ少し毛があるものの他は完全に無毛のものと、裏面脈上と葉柄の一部(基部側上面縁以外に、上部裏面の1/4程度の範囲)に開出毛があるものが見られる。
※量がどうこうということより、どちらも「面部分がルーペレベルでも無毛」。このため、葉裏は表より緑が薄いだけで白く見えない。(茎よりも緑色寄り。)
これが通常のタケニグサと混生するのは今のところ私が見ている範囲ではない。


花確認:
2007(F7)(F8)(F10)(F11)
2008(F6)
2011(F7)
実確認:
2007(C8)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。