まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

イヌトウバナ

イヌトウバナ 全景
シソ科 トウバナ属
123456789101112

Clinopodium micranthum (Regel) H.Hara

花は幅3.5mmから4mm程度、草丈は30cmから40cm程度。
トウバナより無骨というか鋭い細身のシルエットでぼこぼこした葉。長楕円形から狭卵形。
ほとんど全体が白い花だが、よく見ると内側には筋状の染まりと斑点状の染まりが多少見られる。
(一応全体の印象として白に分類した。)
緑色は濃く強い。

全景と花序と花・萼の様子

イヌトウバナ 全景 イヌトウバナ 萼 イヌトウバナ 花 イヌトウバナ 花 萼はビール瓶を逆さにして少し潰したような形状で縦の筋が深い。白い毛が密生。開出した長軟毛と、同様に開出した微毛
萼片は5片とも細く鋭く、下の片も含め上方に少し反っている。
花冠は大きく上下に2裂し上唇は広卵形で小さく切れ込む。下唇は深めに3中裂し、側裂片がいびつでやや下に崩れた卵形で中央裂片は不整な広扇形から心形。この片は上唇と同程度の大きさ。
よく見ないとほとんど白花だが、萎む頃にはもっとも赤紫が目立ち明らかに白に見えない。
花冠の外側にも微毛が密生している。

葉と茎の様子

イヌトウバナ 葉 イヌトウバナ 葉裏 イヌトウバナ 茎 シルエットが細く鋭く、鋸歯も同様。また、鋸歯と側脈がトウバナよりかなり多い。
表面はぷつぷつと点状に盛り上がっているのが目立つ。そのうちいくつかからは毛が生えている。
脈部に向けて窪むのでかなりでこぼこ。
主脈は基部から半分くらい、茶紫に染まる。主脈上には毛がある。側脈の数や裂片の数は多い。8対程度。
裏面は腺点が目立つのと、脈上や縁裏のやや鉤状の毛が目立つ
葉が多く目立たないが葉柄はわりと長い。
茎は、(特に下部から中部あたりまででは顕著に、)赤紫に染まる。下向きの白い、極端に鉤状に曲がった毛が散生。

幼生株の様子

イヌトウバナ 幼生 まだまだ若い株でも、葉の脈のくぼみが目立つためかなり無骨。丸みの強いトウバナの若い株とはかなり印象が異なる。


花確認:
2007(F7)(F8)
2012(F8)
実確認:
2008(C8)

宮城県版のトウバナ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。