まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

スズメウリ

Zehneria japonica (Thunb.) H.Y.Liu

花は7mmから9mm程度、つる性で巻きひげでよく周りの植物をきつく締め付けている。青々としていて葉が小さめなので繊細な印象も受けるが、実際には結構丈夫でしぶとい。1.5mから数m。
よく照りつけても水が多く青々とした草地になら生育し、また半日陰まで見られる。
草体の長さはあるものの花も葉も小型であまり目立たない。
全草、腺毛が多い。巻きひげはかなり多い。

花の拡大と花つきの様子

スズメウリ 花拡大 スズメウリ 全景 花冠は5裂し生成り(ベージュよりは白っぽい)だが先端は薄緑ないし薄黄色になっている。表・裏・縁とも腺毛が密生
なお、これは雄花。下位に子房がなく、上を向いてよく開いている。中央部の赤いアクセントが面白い。(小さいので目立ちはしないが。)
花は葉腋から2から3花程度つくものが多い。なお、雌株でも果実期には葉腋毎にひとつぶら下げているものが多いが実際のところ花期に見ると同様に2から3花ついている部分が多い。
花柄には開出した分かりやすい腺毛が多く生える。

葉と表・裏の拡大

スズメウリ 葉 スズメウリ 葉表拡大 スズメウリ 葉裏拡大 葉は広三角状で質感はゴキヅルにやや近い。長さは4cmから7cm程度で小さい。基部は直線的にそれぞれ伸び角ばった心形で、縁は不規則に数多く浅く切れ込む。側脈に向けた窪みが深めでぼこぼこ目立つ。
表面は腺毛が密生し、裏面は脈上に腺毛が密生、脈以外の部分には白く光る腺点が密にある。

茎・蕾

スズメウリ 茎と蕾 茎には開出した分かりやすい腺毛が多く生える。葉柄には先端側に曲がった鉤状の毛がややまばら。
黄緑と濃い緑が縦に筋状になっている。

雌花?花後?果実へ

スズメウリ 雌花 スズメウリ 若い果実 スズメウリ 膨らんだ果実
一枚目(2007/07/28):子房部分にも腺毛が密生。この部分の毛は短い。まだ長さ8mm程度。開花時期。
二枚目(2007/08/12):1cm以上になった。
三枚目(2007/09/09):1.3cm程度できれいな球形。つやがある。

熟した果実と果実の中(種子の接続)・種子の様子

スズメウリ 白い果実 スズメウリ 白い果実 冬へ スズメウリ 果実 スズメウリ _minaka
スズメウリ 種子 熟すと白く変化し、黄緑の時期とは変わりつやがほぼ完全になくなる。マットな白は草むらにぶら下がっていてもわりと目立つのだが、枯れ草の中に夕方見つけると更に美しい印象。1.2cmから2cm程度で、同じ茎にぶら下がるそれぞれでも結構大きさは異なる。
段々瑞々しく柔らかくなり、最盛の果実はぶよぶよと柔らかく水分が非常に多い。果皮を傷つけると水が滴るほど。この頃の表面は、透けていない丸い点々がいくつも密集しそれ以外のところがやや透けているので、よく見ると模様が面白い。なお、乾燥してくれば硬くなる。
種子は2列セットで全部で6列あり、セット内でひとつひとつが互い違いになりながら積層状に積み上がっていて、薄いやや菱形状の褐色の種子を薄く膜のように透明の部分が包んでいて、ぴったり覆うこれのせいで乾きかけるとやや銀色に輝いて見える。内部の乾燥を防ぐ目的かもしれない。種子の基部(※中央側が先端)からはしっかりした繊維状の透けない白い種柄が出て外周側の胎座にくっついている。ウリ科に見られるこの形態は側膜胎座と呼ばれる。他はぬるぬるした寒天状の見かけの果肉。

おまけ

スズメウリ 色々な裂数の花冠 4裂・5裂・6裂の花が並んだ写真。個性を主張してる感じが面白い。


花確認:
2007(F7)(F8)(F9)
2008(F8)(F9)
2012(F8)
実確認:
2007(C8)(C9)(C10)(C11)
2008(C9)
2009(C11)
2010(C12)

宮城県版のスズメウリ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。