まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

アマチャヅル

アマチャヅル トップ
ウリ科
アマチャヅル属
Gynostemma pentaphyllum (Thunb.) Makino

花は7mmから8mm程度、つる性で2mから3m程度。草薮に絡みつくほか、樹上からぶら下がっていることも多い。
地味な花だが房を形成する花序の花数は多いためわりとにぎやかに見える。
草本では珍しい、鳥足状複葉
まばらなのだが白く光るガラス繊維のような毛は目立つ。
雌雄異株。
巻きひげでよく絡み拡がる。
林の中にも草地にも、それなりに湿ってさえいればどこにでも生える。

全景

アマチャヅル 全景 なお、これは雄株。雄花花序はかなり賑やかになることが多い。また、花序はわりとしっかりしていてぴんと伸びている。

花の拡大

アマチャヅル 雄花 アマチャヅル 花の拡大 アマチャヅル 雌花
左二枚が雄株の雄花で、右が雌株の雌花。
雌花は太身でそれぞれが二又の柱頭が突き出ていて、花の下部が半球状に膨れている。
印象ではもっと小さいと感じるが裂片の長さがあり7mm以上になっている。感覚としては3mmから4mmに見えるが。
花冠は薄緑で白に近いが一応緑に分類しておいた。
萼も同色。萼は小さく目立たない。
花序内では、軸の、小花序の着く側の上部分にやや乱れた列毛状に毛が目立つのが面白い。
(小花序は互生していて、逆側の毛は緩やかになくなる。)

葉の様子

アマチャヅル 葉 アマチャヅル 葉の毛 一見、5小葉(3~7小葉)からなる単純な掌状複葉に見えるかもしれないが、小葉基部のつながり方をよく見ると鳥足状複葉と分かる。
ヤブガラシとともに、草本では珍しい形態の葉。
小葉は卵形で5から7程度の鋸歯があり、先端半分側に目立つ伏し気味の白い毛がまばらに生える。
特にまだ小さい葉ではかなり目立つ。
葉につやはない。
茎にもかなりまばらに曲がった毛が生え、節部では強く曲がった長毛が密生する。

幼生期

アマチャヅル 幼生 しきりにつるを伸ばしつつ、上に伸びている枝。下部の方ではよく這って蔓延っている。

果実の様子

アマチャヅル 若い果実 アマチャヅル 果実 アマチャヅル 果実拡大
アマチャヅル メロンな果実 やや緑味のある黒で、つやが強い。7mm程度。
先端側には花の跡の白い筋がある(1枚目の若い果実でその周りに残っている小さな三角形のものは萼。)。この位置でゴキヅルなんかのように分離するかなとか思って爪を入れようとしてみたが、特にそういう構造をしているわけではなかった。(なお、その後しばらく強烈に爪が臭かった。)
ウリ科だけに…傷ついたら膨らむにつれて裂け目が走って某メロンのようになる。面白い。


花確認:
2007(F7)(F8)
2009(F9)
2012(F8)
実確認:
2007(C10)(C11)(C12)

スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。