まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ヤブヘビイチゴ

ヤブヘビイチゴ トップ
バラ科 キジムシロ属
123456789101112

Potentilla indica (Andrews) Th.Wolf
または
Duchesnea indica (Andrews) Focke

花は2cm程度。草丈は5cmから15cm程度で、這い性が強い。走出枝(ランナー)を伸ばして先に新苗を作りながら拡がっていく。
ヘビイチゴと似るが花も葉も大型で、葉の表面の立体感が強い。葉色は黄緑系ではなく緑、特に濃緑のものが多い。
茎や葉柄の軟毛が目立つ。
「蛇苺」の名は、元々の中国ではこのヤブヘビイチゴの方についていた名の模様。同じ植物として混同されていたのだろうと思われる。
ヘビイチゴは路面間や道脇等照りつけの強い陽光裸地から浅い草地へ広がっているのに対し、こちらは林縁や深い草地等、多少光が遮られる場所での生育の方が多い。
多少暗い林内でも目にはするが、鬱蒼とした中にはさすがに生えていない。

ちなみに、以前はキジムシロ属とは別のヘビイチゴ属に分けられていたが統合された。まぁ線引きなんて人間が勝手に都合よく設けようとしているだけなので「信ぴょう性」もなにもないわけでただ植物が好きなだけの私にはどうでもよいのだが。(なお、このせいでヘビイチゴにはみっともない学名がついた。)

全景の様子

ヤブヘビイチゴ 全景 ヤブヘビイチゴ 全景 しっかり大きく質もはっきりした葉が多数あるため、世間的に言うところの雑草より野草的な雰囲気。

花の様子

ヤブヘビイチゴ 花 ヤブヘビイチゴ 花 ヤブヘビイチゴ シベの様子 花弁はヘラ形から細長い倒狭卵形。きれいなハート形のヘビイチゴと大きく異なる。
先は浅く窪む。
色もヘビイチゴのレモンイエロー系統と異なり赤みが多少あり、山吹色に近い黄色
印象から裏も黄色いかと思いきや、実は白い。
先がシンプルな摘んだような三角に見える萼片の間にある副萼片が大きいのはヘビイチゴ属の特徴だが、ヤブヘビイチゴの場合は切れ込みのあるふっくら太い逆台形の副萼片が極端に大きく非常に目立つ
花の正面からでも後方に倒れていない限りかなりはっきり見える。特に大きいものは副萼片同士がくっついて皿のようになっている。
萼片・副萼片とも裏に開出軟毛が多い。
中央部の卵体から卵球体の部分はメシベの集合部で、黄色い糸状のメシベが何本も斜上している。
外周部にオシベが並んでいる。

葉の様子

ヤブヘビイチゴ 葉 ヤブヘビイチゴ 葉 ヤブヘビイチゴ 葉 三出複葉で、頂小葉の小葉柄ははっきりしている。
葉形は基本的にヘビイチゴより長めで全体的にも大型なので区別できそうに思えるかもしれないが、まれにヘビイチゴによく似たものがあるので、葉だけ見て区別してはいけない。
大抵は、葉質も表面の感じも大きさも野草味溢れる感じ。
また、ヘビイチゴと違い基本的には側小葉は裂けないものの、たまにヘビイチゴのように深く裂けている個体もある。
頂小葉の基部はくさび形にもなるが、側小葉はまずしっかりした円形。
ヘビイチゴと同形の葉もたまに見られる。
裏面は軟毛が多いが、表面ではそれほど目立たない。

走出枝(ランナー)の発根

ヤブヘビイチゴ 走出枝の根 走出枝を伸ばした先で根を出して、新苗を作る。たまに地面に触れる程度の状態でも根は出るようで、いちいち引き抜いたりなんかしなくてもぷらぷらしている部分を持ち上げてみればこのように根が確認できる場合が多い。
茎にも白い縮軟毛がやや多く、毛深い。

果実の様子

ヤブヘビイチゴ 花後から若い果実 ヤブヘビイチゴ 果実 ヤブヘビイチゴ 果実 花後萼は一旦上にまとまって閉じ、副萼片だけで皿のようになる。
準備ができると萼はまた開く。

ヤブヘビイチゴ 果実の拡大 ヤブヘビイチゴ 果実の拡大 全体で8mmから時に1.5cm。ヘビイチゴより大抵大きい。ヘビイチゴでは球形が多いが、こちらの種類では大抵、卵体から卵球体。
赤い大きな部分は果床が膨れ赤くなったもので、厳密にはこの部分が果実ではない。(スーパーで売っている苺(オランダイチゴ)もこれと同様で、膨れた果床を美味しくいただいているもの。)
実際の果実はごく小さなゴマのような痩果で、表面にぷつぷついくつもついている種子に見える赤いもの。先端には萎れて黒くなった糸状花柱がしばらくくっついている。
小さな各痩果の表面に目立つしわに見える突起の並びがなく、光沢があり赤い部分全体的にヘビイチゴよりだいぶつやつやして見える。
赤い薄皮をはがすとほぼ同形の明るい褐色の種子がひとつ入っている。
なお、食べ応えはないし美味しくもない。水分も少ない。


花確認:
2006(F5)(F7)
2007(F3)(F4)(F5)
2008(F5)(F10)
2011(F5)
2012(F8)
実確認:
2006(C5)(C7)
2007(C4)(C5)(C6)(C7)(C8)
2008(C5)(C10)
2011(C5)
2012(C8)

宮城県版のキジムシロ属
またはヘビイチゴ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。