まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

センニンソウ

センニンソウ 全景
キンポウゲ科
センニンソウ属
Clematis terniflora DC.

花は3cmから3.2cm程度、つる性の木本らしく長さは3mから5m程度。
割と大きな4花弁の花で花数も多いのでかなり目立つ。
垂れ下がって途中から持ち上がるのが好きなのか、葉や花序が途中からつんと上を向いて面白い
葉は各所が間延びしているためぱっと見3出複葉に見えるが、5小葉の羽状複葉が基本の模様。
純白の花弁のせいで撮影は辛い。(全体がよく見える明るさで撮ると花弁が白く飛ぶ。)

やや遠景
センニンソウ 全景 花数が多い。快晴なのだが…よく茂って陰は濃い。大抵、最盛期の花弁は平開よりやや下に突き出す模様(「垂れる」ではない。)。

花の拡大
センニンソウ 花 花弁は長細くヘラ形で先端は角の丸い四角状、中央は微かに窪む。
ビール瓶みたいな感じか。
オシベは多数あり、周囲から伸びて白くなっている。まだ伸びていないものは黄緑。
つんつん突き出して面白い。
葯が細長く葯隔がまさに定義どおり「花糸の延長部分」といった感じ、割と太い。

葉の様子
センニンソウ 葉 センニンソウ 小葉 茎から葉柄が垂れて伸び、先端で頂小葉が急に持ち上がっていて、見ていると何だかすごく力が入ってしまう。
最初の2小葉と次の2小葉との間の軸部分がもっとも長くかなり間延びして見える。各小葉柄も長い。
小葉はやや肉厚、卵形で基部は心形、全縁。複数の脈(基本的に5本)が基部から出ている。
網目状の細脈はやや目立つため近づくとしわがある感じ。
先端は丸く、中央はやや窪んでいる。
表面はやや鈍い光沢がある。
表面は無毛。(脈上に微かに生えている場合もある。)
茎は縦に筋状にやや鈍い角があり、一応稜と言えると思う。あまり顕著でないため模様のようにも見える。
茎や葉柄、小葉柄、葉裏には微軟毛がよく見ると結構生えている。

果実の様子
センニンソウ 果実 センニンソウ 果実 平たい卵形で先端に長白軟毛の密生したつるのようなひげが一本ある果実が、5、6個つく。
こうしてみると、キンポウゲ科らしいというかウマノ アシガタ等とも通じる形状をしている。
熟した頃には、ひげの軟毛が開いているのでブラシ状。


花確認:
2007(F8)(F9)
2008(F9)
実確認:
2007(C9)(C10)(C11)(C12)

宮城県版のセンニンソウ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。