まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

サジガンクビソウ

サジガンクビソウ 花
キク科
ガンクビソウ属
Carpesium glossophyllum Maxim.

頭花の径は8mmから9mm程度、草丈は40cmから50cm程度。
ひょろっと伸びた茎上部でいくらか葉腋から花序の枝をだしそれぞれにひとつだけ頭花を頂生、横向きから点頭してつける。頭花の最外の苞葉はそれほど大きくならないが、その外に1(~数枚)の披針形から線形の葉をつけ、ぴんと一枚立っていたりするのが印象的j。
葉は細長く、先は鈍く、全草毛深い
公園内の林道脇に生えていた。


【撮影豆情報】
明るめとはいえ林内にあり、ひょろっとやたら長く、花が小さく、全草白い長軟毛が密生するため、全景の撮影は三脚か、手持ち用にディフューザがないと撮りづらい。
(もちろん、無発光で三脚撮影の場合、微風で被写体自体が揺れるのでそこは天に祈るしかない。)
(※このぷち図鑑のものは基本的に三脚を使用していない。)
全草の様子
サジガンクビソウ 全景 サジガンクビソウ 全景 かなりひょろっと長く、ガンクビソウのように節毎に角度の変わる弱いつづらおり状にはならずに直立して弱く弓なりに湾曲する。
よく枝分かれする場合も主茎ははっきりしている。

蕾状態の頭花と花の拡大
サジガンクビソウ 頭花 サジガンクビソウ 頭花 サジガンクビソウ 頭花 頭花は筒状花のみでなる。内側の総苞はやや半透明状で色が薄く白っぽい。
総苞は5段程度で、開出した白い長軟毛が密生。
総苞の下に少し離れて1枚程度、4cm程度の小さめの葉がつく場合が多い

下部と上部の葉の様子・葉裏の様子
サジガンクビソウ 下部の葉 サジガンクビソウ 上部の葉 サジガンクビソウ 葉裏 下部にロゼット状に大きな葉をつける。10cmから12cm程度ある。
下部以外はまばらにつく。
下部の葉は細長く重心が前寄りでヘラ形気味。
上部では細い長楕円で重心は前には寄っていない。
各脈の彫りが深くしわしわと目立つ。
表面にはややまばらに軟毛が散生、裏面と縁には脈上も含め大量の白い開出した長軟毛が密生している。

茎の様子
サジガンクビソウ 茎 茎には株元から最上部まで開出した白い長軟毛が密生


花確認:
2007(F8)
2008(F8)
実確認:
2008(C9)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。