まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ガンクビソウ

ガンクビソウ 全景
キク科
ガンクビソウ属
Carpesium divaricatum Siebold et Zucc.

頭花は強い下膨れの樽型で先端の径は7mm程度、長さ9mm程度。草丈は30cmから40cm程度。
総苞とは別に、目立って大きなものとやや小さなものがバランスの悪い輪生状にいくつかつく。面白い。
この中で大きいものは2から3程度ある。全て形態は葉状で倒披針形。

茎全体に短毛が生えるが目立たない。全体を撮るくらい引くと無毛に見える。
茎は節毎に方向が変わり弱いつづらおり状で、まっすぐでない。

頭花はサジガンクビソウほど極端に「雁首」(煙管の。)状に曲がらず、やや曲がる程度なので、ガンクビソウとはいかがなものかとも思う。
互生する葉腋毎に花をつけるので花数が多い。頂点にひとつつけるサジガンクビソウとは大きく異なる。

明るい林の林道周辺に群生したり、自然度が少し高ければ結構生えている。

頭花の拡大

ガンクビソウ 頭花 ガンクビソウ 頭花 ガンクビソウ 頭花総苞 極端に潰れた感じで台形様の樽型の頭花。
輪生状の総苞と別の苞葉らしきものは、密集した総苞とはわずかに離れてつくものが多い。

下部と上部の葉と茎の様子

ガンクビソウ 下部の葉 ガンクビソウ 上部の葉 ガンクビソウ 茎 葉は下部で卵形、中部で下膨れ感の強い狭卵形、上部で長楕円で、先端側に比重のある葉はつかない
縁は波状に近い鋸歯があり、下部ほど顕著。上部ではややよれている程度。
下部の卵形のものより、中部の葉の方が大きい。(葉の大きさの変化はあまり顕著ではない。)
大きな葉で7cmm程度。
下部の葉には顕著な葉柄があり、基部は切形に近い極端な収束を示す。他の葉は基部は長いくさび形。
表面、縁、裏面とも伏した短毛がわりと密に生えるがほとんど目立たず、表面にはややつやがある。
茎にも上向きに伏した短毛がやや密に生える。が、やはり目立たない

花後の様子

ガンクビソウ 花後 やや曲がってほとんど上向きだった花もこの時期になり果実になると点頭している。

果実の様子

ガンクビソウ 果実 ガンクビソウ 果実 ガンクビソウ 果実 総苞片が取れ落ちて倒卵形というかさじのような基部が広がり平らないし反対側に反り返っている。
これにつられ各痩果は放射状に広がり角度が変わる。


花確認:
2007(F8)(F9)(F10)(F11)(F12)
2008(F8)
実確認:
2007(C10)(C11)(C12)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。