まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

アゼナ

アゼナ 全景
アゼナ科
アゼナ属
Lindernia procumbens (Krock.) Borbás

花は幅4mmから5mm程度、草丈は8cmから15cm程度。
株元で分枝するがアメリカアゼナやヒメアメリカアゼナと比較して主茎は顕著に直立
ほぼ全草が無毛
葉は対生し葉腋毎に1花つけるので節毎に2花
茎や花柄、萼、葉の基部寄りの部分は赤紫に染まる。

日当たりのよい耕作地によく生え、農家にとっては困った種だろう。

全草と花の拡大

アゼナ 全景 アゼナ 花 アゼナ 花
よく分枝した場合は主茎以外は放射状に伸びて湾曲斜上する。(確認した個体群ではどれだけ分枝しても必ず主茎は直立している。)
花は唇形で上唇はやや曲がって被さるのでやや兜状になっているといえるか。浅く2裂し、裂片は太い角丸四角状。
下唇は大きく、上から見ると上唇の先端部分まで丁度切れ込んでいる。3裂。
中央の裂片は先端が太い倒卵形状で最も大きく、側裂片は細身の角丸四角状。
各裂片は縁取りされたように紫に染まっている。(ぼんやり滲み、くっきりとはしていない。)
萼は深く5裂し、各裂片は細長くほぼ等幅で先端のみ三角状。(ややヘラ形に近い。)
濃い赤紫に染まる。表面や縁にわずかに毛が散生する。特に先端の縁には白い毛が生える。
花筒にやや貼り付く感じに伸びているが先端だけやや強く反り返っている。
花柄はかなり長く、それのつく葉とほぼ同長かそれ以上ある。特に上部では葉がまだ大きくなっていない段階でかなり伸びて花をつけているのでかなり長く感じる。(その段階では倍程度ある。)
花期には茎から30度から40度程度の角度だが、花後果実期にかけては80度以上に開出し張り出した感が面白い。

アゼナ アメリカアゼナと比較 オシベは4本(2対)あり、全てが葯のあるもので、仮オシベはない
と言っても、正面やや下から見上げないと見えない構造になっている。上唇の短いオシベも、下唇から筒を巻いて上へ向かうオシベも、ともに上側の内側で葯を合掌するようにくっつけている。
なお、下側のオシベのこん棒状になった付属突起の役割は分からないが、このこん棒は葯のついている部分との分かれ目あたりから花冠に合着していて奥へ続いている畝は毛っぽい感じでよく黄色くなっていることから、それが蜜標的なものでこん棒は着陸台なのではないか、と思われる。

葉と葉の基部・茎の様子

アゼナ 葉 アゼナ 茎 葉は葉柄がなく対生の相手と互いの基部が接している
楕円から長楕円、下部ではやや三角状に近くなっているものもある。長くて1.5cm程度。裏も表も無毛。
縁は全縁から弱くて鈍い窪みがある程度。先端は角がなくやや丸みがある。
3脈、そのうち特に主脈が目立つ。更にその外側にほとんど目立たない脈がある場合が多く、一応5脈。基部の1点から出る並行脈状

果実の様子

アゼナ 果実 まだあまり膨らんでいないが球形から楕円状になる。
萼より少し長い程度。


花確認:
2007(F8)
実確認:
2007(C8)

宮城県版のアゼナ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。