まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

タコノアシ

タコノアシ 全景・花序
ユキノシタ科
タコノアシ属
Penthorum chinense Pursh

花は通常はというか図鑑上は無花弁で、径5mmから6mm程度、草丈は40cmから50cm程度。直立。
互生する無毛の細い葉が斜めに上向き、茎の上部でいくつかに分かれたそれぞれが総状の小花序をつける。
各小花序は上向きに伸びて途中で曲がり渦巻状。咲き進むにつれて解けていく。
その様子が名の通り蛸の脚のよう。(特に赤くなった時期。)
周辺では、1枚の花弁をつける花が多く混じる
花後からは全草が赤く染まって花序が伸びた状態がすごくきれい
花序について…やや花のつく方向が内側(上面側)に偏った総状に近い花序(このひとつの小花序は一応、巻散花序のようか。)が数本、対生と互生が入り混じってつく。
特にこの複合花序の呼び方が見つからない。
頂点のみのものが多いが個体によっては葉腋からも小花序と同じものが単出しているものもある。(更に元気のよいものは各所で分枝するようだが、直接生で見たことはない。)

咲き始めの様子

タコノアシ 花序 花序が伸びていない時期や個体ではまったくそのようには見えない。あまり「特殊性」を感じない。
この群落の場所で最初に見つけたのはこれだったので、最初は何だか分からなかった。

蕾と花の様子

タコノアシ 蕾 タコノアシ 花 タコノアシ 花拡大 10本程度のオシベと、内側に湾曲したビール瓶のような、ぷりっとした5つの寄り添った花柱があるが、 6つのものもかなり多く見られる。
この花柱が目立つので白い花に見える。(太くなった部分は薄黄緑。)
花弁がある場合も、白い。
花柄や花序軸には腺毛が密生。

葉の様子

タコノアシ 葉 タコノアシ 葉 葉は狭披針形で無柄、基部はくさび形。
細かいかなり整った鋸歯があり、鋸歯先端は初期でも赤く染まったものが多く、肉質に膨らんでいるのが面白い。
無毛。
主脈・側脈は表で盛り上がる。側脈の返り方が面白い。
葉はかなり上向く。
遠目での全体の印象は若い頃のセイタカアワダチソウに似ている。

茎の様子

タコノアシ 茎 タコノアシ 茎 茎は縦に筋状にやや窪みがある。段々と赤く染まる。
曲がって上向きになる黒い腺毛のような毛(微細。黒い点に見える。)がかなりまばらに散生。

花後の様子

タコノアシ 若い果実 タコノアシ 全景 タコノアシ 果実期 左)まだ果実とは言いづらいが…柱頭は茶色くなり、寄り添っていた花柱は膨らんで互いに離れ始めている。面白い。
…この個体は、このステージなのに、花序が特徴的に伸びていない。
中)色が変わり始めた時期。
右)実が熟したわけではないのだが、完全に地面が乾燥してしまい、他の全ての植物とともに立ち枯れていた。(ここだけ、H鋼の上に積もった薄い土壌。)
鉄錆び色が混じったような朱色。蛸の脚か…。
大事なものなので持ち帰らずその場で中を開けてみたら(この個体はどうせまともに稔らず単に乾燥して枯れたのだが。)、黄色い粉状に微細な種子が大量に入っていた。(ちなみに。ちゃんと結実・熟したわけではないのでとんがり帽子は外れなかった。)
とりあえず種子は長さ0.1mmから0.2mm程度で細い長楕円(顆粒状)だった。

果実が熟した時期

タコノアシ 果実期 タコノアシ 果実の拡大 タコノアシ 開いた果実の様子 10月の様子。
鮮やかな色が美しい。
花序はかなり伸びていて、この個体はそうでもないが中には13cm程度になっているものも。また、巻いているものは少なく伸びきっているものばかり。
果実は放射状の中央部を残してとんがり帽子が外れて内側に種子がついているのが見える。
種子は大きくなってやっと0.5mm程度。長楕円。粉のようで、表面はスパイク(いぼいぼ突起)が密。
乳白色。


花確認:
2007(F8)(F9)
2008(F9)
実確認:
2007(C10)
2008(C9)(C10)(C11)

宮城県版のタコノアシ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。