まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

カワラニンジン

カワラニンジン 全景
キク科
ヨモギ属
Artemisia carvifolia Buch.-Ham.

頭花は5mmから5.5mm程度。草丈は50cmから1m程度。
カワラヨモギでもクソニンジンでもなく…カワラニンジン。ヨモギだけどニンジン。クソニンジンとはやや似ているが花はかなり大きく、葉の裂片は糸状に極端に細い。
春先は特にニンジンらしく見える。
あまり分枝せず一本で直立しているものがわりと多く見られる。
ところどころ短毛が散生してはいるのだが全草ほぼ無毛に近い。目立つような毛はまったくない。
河川高水敷に多数群生。
匂いはかなり強く、シナモンとかのようなくせのある感じ。

ほっそりして花序も葉もピントを合わせにくく更に揺れるので、コンパクトカメラには難しい被写体か。

全景と花序の様子

カワラニンジン 全景 カワラニンジン 花序 カワラニンジン 花序
ややまばらで各小花序が長めの円錐花序で、それぞれの小花序で頭花は目立つ花柄を持って垂れてつく。
花序の伸び始めにはまだひょろっと一本といった感じで雰囲気がだいぶ異なる。
完全な開花状態のものは、やや見下ろすと縁にぼろぼろな舌状花でもあるように見えるが縁に覗いているのは2裂した柱頭。

小花序と花

カワラニンジン 花 カワラニンジン 花 頭花が「咲く」頃(各筒状花はまだ開花前)には径が長さとのバランス上かなり大きくなり、総苞がまだ丸くやや包んでいるので吊られたお饅頭。筒状花が開花すると潰れた半球状な感じに拡がる。
各頭花には基部まで裂けた糸のように細い裂片の苞がつく。
総苞片はヘラ形、縁のやや広い範囲が白っぽく半透明。目立つ総苞は二段のみで、小さな3段目がつく。3段目はやや離れた感じのものが多い。

カワラニンジン 花拡大 カワラニンジン 花の拡大 花は筒状花のみ。うつむいているので覗き見ないと分からないが黄色い。(分類上は緑に配置しておく。)
周囲はメシベだけの雌花の模様。
なお、筒状花の花冠の外側(蕾状態)には腺毛が密。

全体的な葉のつき方と葉の様子

カワラニンジン 葉 カワラニンジン 葉 カワラニンジン 葉
葉は不整な二回羽状深裂で裂片は線形で糸のように細く、鋭い。もう少し狭いとマツバ何とか、等といった名前になったかも?
どこも細いので葉柄はどこからだか分からない。そこらじゅうから断続的に単純な片が出ているので「どこも葉柄ではない」と言えるかもしれない。
細い片でできたぼさぼさが茎にまとわりついているといった印象。

茎の様子

カワラニンジン 茎 茎は筋状にやや深く窪む。無毛。

果実の様子

カワラニンジン 果実 カワラニンジン 果実 カワラニンジン 果実
果実期も下向き。総苞は花期よりやや展開する。
痩果には冠毛はない。0.8mm程度と小さい。強い稜はないので断面は楕円形に近い。
稔った後、先端につく(筒状花の)筒の部分だけが取れているものは少なく、痩果は筒と一緒にぽろっと脱落する感じ。
痩果表面には腺毛がある。
拡大写真で中央のぶにぶにした緑味のある焦げ茶は花托。表面に結構密に腺毛がある模様。

花確認:
2007(F8)(F9)
2008(F8)(F9)
実確認:
2007(C10)

宮城県版のヨモギ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。