まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

クサネム

クサネム 花序
マメ科
クサネム属
Aeschynomene indica L.

花は幅7mmから8mm程度、草丈は80cmから1.5m程度。
ネムのような葉を持つまばらな花をつける種。
全草よく見ると、各所で、ぷつっと膨らんだ突起から腺毛らしき毛が生えている。まばらだが。
緑は青みが強く黄みが弱い。
田んぼ等で放置すると翌年大変なことになるので注意。

全草の様子

クサネム 全景 これは巨大で2m。にょきっと生えていて、通り抜けが大変だった。

花の様子

クサネム 花 クサネム 花横 クサネム 花後ろ 旗弁は卵形で先端はかもめ形に2裂というかやや窪んでいる。
クリーム色よりやや濃い薄黄色で旗弁の基部に朱色の染まりがある。
また、そのうちの中心部には擦れた色落ちがある。脈はやや桃色。中央の折れ目は朱が濃い。
側弁の基部には擦れた朱がある。
旗弁の縁には開出した毛が散生。
花序はまばらな花数の総状。各小花柄基部には先端が2裂した、鋸歯のある苞葉がある。基部は耳状。基部中央は赤く染まっている。
基部は心形から耳形。
花序軸、小花柄は赤紫で、赤いぷつっとした突起がまばらにあり、その中央から上向きに45度のまっすぐな腺毛が生えている。
旗弁の裏側はまだらに薄い朱に染まり脈は濃い朱に染まる。
萼は、狭卵形の小さなものが左右に一対と、大きめで披針形で色の濃い下片と、汚く染まった先端がかもめ形に2裂した倒卵形の大きな上片で成る。

葉と托葉、茎

クサネム 葉 クサネム 托葉 クサネム 茎 対数の多い偶数羽状複葉で、長さは10cm程度。葉柄はわずかだがある。
小葉はやや前方に傾き、また45度ほど捩れている。小葉は細く等幅で小葉柄はない。先端は丸い。
托葉は先端側も深裂、基部側もやじり形で拡げるとX字状。縁は白い。
更に細かいことを書くと、先端側と基部側のそれぞれの基部(変な言い方だが。)は角張った耳状。
葉は青みが強め、黄色味が少ない。
茎にはまばらにぷつっとした突起がある。そのうちいくらかは毛が生えているが多くは突起のみ。

花後と果実

クサネム 若い果実 クサネム 果実 クサネム 熟した果実 花後は伸びた子房に花弁が引きちぎられて前(下)に追いやられている。
子房のサイドには黄色いやや透けるぷつっとした突起物が大量にあり中心から長い腺毛が生えている。
よく膨らんだ頃には腺毛はなくなっていて、突起物は赤紫に染まっている。
各豆の境部分には筋状に区切りがついている。
長さ4cmから5cm程度で、扁平。下垂。
25日には、しわだらけで明る目の赤茶色になっていた。

真冬を越えた果実たち

クサネム 越冬後の果実 ひとつひとつが分離しやすい構造のため、みな最後の種子の部分だけ残っている。なんだか様子が異なって面白い。


花確認:
2007(F8)(F9)(F10)
2008(F8)(F9)
2012(F8)
実確認:
2007(C8)(C9)(C10)
2008(C1)(C2)(C8)(C9)(C10)(C11)
2012(C8)

宮城県版のクサネム属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。