まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ヒメサルダヒコ

ヒメサルダヒコ 枝ぶり
シソ科
シロネ属
Lycopus ramosissimus (Makino) Makino var. ramosissimus

花は1mmから1.2mm程度、高さは20cmから30cm程度だが、実際の長さはかなりあり、 地上部だけでも主茎を辿れば50cmから60cm程度はある。
地表からほぼ真横に出て這い、各節からよく分枝、各枝は段々と上向きになる。
よく分枝し地下茎も持つので群生して見える一叢がまるごと一株の可能性もある。
横に這う部分が地下ばかりで直上する分枝ばかりが見えた場合、 ほとんど分枝しないで直上する変種コシロネ(Lycopus ramosissimus (Makino) Makino var. japonicus (Matsum. et Kudo^) Kitam.)のように見える。
葉が邪魔で植物体の下部が見えにくい。
葉は対生。
花が小さく、遠目には咲いているかどうかすら分からない。

よく湿った川べりや、浅い水中に生えている。

全草の様子

ヒメサルダヒコ 全草 密生していると互いに干渉して上部の直立性が上がって雰囲気は変わるが、 ややまばらな環境では茎の性状は大抵こんな感じ。

花序と花の拡大

ヒメサルダヒコ 花序 ヒメサルダヒコ 花拡大 花の長さは1.5mm程度。
花の内側はかなり毛深い。
唇形で上唇・下唇があるというより、あまり大きさの変わらない4裂、に見える。
萼は4裂。
葉腋に2から3花ずつほとんど無柄で花をつける。

葉と茎の様子

ヒメサルダヒコ 葉 ヒメサルダヒコ 茎・節 葉は披針形で荒く強い鋸歯がある(目立つ鋸歯は5程度)。基部はくさび形で葉柄はない。
脈のくぼみは強く、無骨。
各鋸歯の先端は鈍く、点状に明褐色。
茎・葉柄には黄色く光る腺毛らしきものとやや上向きで曲がった短毛が散生。
特に茎の稜上にはやや多め。
節部は長めの軟毛が密生し目立つ。

分枝の様子

ヒメサルダヒコ 分枝の様子 右端付近から真横に伸びている太いものが主茎で、写っている範囲では左側でもまだほとんど這っている。
(十字対生なので、地面に対して丁度水平方向になった分枝部分と垂直方向になった分枝部分を色分けしてマークしてみた。
青が水平方向、桃が垂直方向。
群落かと思いきや一株ということもある。
かき分けるなどしてよく見ないと、この桃ばかりが目立つので、コシロネと間違う可能性が高い。
どちらも「Lycopus ramosissimus」ではあるわけだが。

果実の様子

ヒメサルダヒコ 果実 ヒメサルダヒコ 果実 果実は分果で、扁平な倒卵形。平たい面が外を向いていて、盛り上がったぶつぶつしたやや黒味のあるというか色の濃い側が合わさっている。
全体的には彩度の高めな褐色。


花確認:
2007(F8)(F9)(F10)
実確認:
2007(C9)(C10)(C11)

宮城県版のシロネ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。