まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

タガラシ

タガラシ 全景・花・果実
キンポウゲ科 キンポウゲ属
123456789101112

Ranunculus sceleratus L.

花は8mmから1cm程度。花弁は非常に光沢がある。バランスからすると花は結構小さい。中央部の濃い目の緑(子房部)が目立つ。
草丈は大抵20cmから50cm程度で25cmから30cm程度が多い。(5cm程度のものもある。)
倒卵体から長楕円体で痩果先端が刺状になっていない果実部ですぐにそれと分かる。
葉は強い光沢があり、表は葉脈が目立たずちょっとぷりぷりした感じ(多肉質)に見える。のっぺりしている。この葉は、キンポウゲ属内の黄色い似たような花をつける他の種と比べると雰囲気がより原始的。
川辺、田んぼの縁の水路脇、または浅い部分であればその中等、湿地に生え乾燥にはわりと弱い。除草剤を使用している場所でもわりと生育している。

全景

タガラシ 全景 タガラシ 全景 タガラシ 全景 花弁が6枚以上あるものはわりと多く見つかる。痩せ地の個体でもない限り、葉は密にまとまっていて茎も太く全体にずんぐりして見える。

花の拡大、蕾の様子

タガラシ 花拡大 タガラシ 花拡大 蕾 この種の仲間はみな、花弁の基部側に液体が染みている模様。花弁は倒卵形から倒狭卵形か長楕円で、先は丸い。
萼はほぼ黄色に近い黄緑で、背に白い軟毛が密生している。中央の子房の集まりは緑が早期から濃く、花期はほぼ球形
葉の感じからすると無毛なイメージなのだが、花柄や茎には縮毛気味の短毛がわりと多く生えている。

葉の様子

タガラシ 下部の葉 タガラシ 上部の葉 タガラシ 下部の葉の葉裏 葉は光沢が強く肉厚な印象。上部の葉は葉柄がほぼないように見えるが、茎に沿って上に向かっているだけで実際にははっきりとしたものがある。葉裏は表と違い脈が目立つ。

矮小な株

タガラシ 5cmに満たない極端に小さい株も見られる。花自体も小さい。なんとしてでも花は咲かせたいらしい。

若い果実

タガラシ 若い果実 タガラシ 果実 写真では分かりづらいがかなり大きくなりつつ形状も長楕円体(か倒卵体)で、長さ1.3cmから2cm程度になる。
痩果は偏平な卵形で先端は鈍頭でやや丸く、キツネノボタン等のように尖ってはっきりした宿存花柱ではない。

幼生期からの様子

タガラシ 幼生期の葉の様子 タガラシ 幼生期 タガラシ 早い時期(冬)に開花する花の蕾 右はもうじき早い花が咲くもの。


花確認:
2006(F5)(F6)
2007(F2)(F3)(F4)(F5)(F6)
2008(F3)(F4)(F5)(F7)(F8)
2009(F4)
2010(F4)(F5)
実確認:
2006(C5)(C6)
2007(C3)(C4)(C5)(C6)
2008(C5)(C7)(C8)
2009(C4)
2010(C5)

宮城県版のキンポウゲ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。